スタッフから不評だった幹部が激変

23f59241f6ed8a4e8a9bf31b201d680d_l

「部下に任せきり」「責任感がない」「何をしてるかわからない」等々、スタッフからの評判の良くない幹部がいました。大変な時期に会社を盛り上げてくれたスタッフだったのですが、幹部に昇格してから年々悪い評判ばかりを聞くようになっていました。

厳重注意、個人面談、減俸、左遷、降格、等々、対処としては様々なことをしましたが、一向に変わる気配はありませんでした。なんとかもう一度奮起してもらいたいという思いがありました。

カウンセラーにそのことを相談し、言われた通りに実践しました。ポイントの一つは、上司と部下、仕事を越えた、人間対人間の関わりで本当にその幹部のことを思って行動することでした。

奮起するまでには時間がかかりましたが、今では、海外拠点の副社長として奮闘してくれています。

このことを通じて気がついたことは、『慢心は恐ろしい』ということと、彼は、注意しても聞かなかったのでなく、自分を変えることは難しい』ということです。問題のある彼も愛社精神に溢れる一人でした。

本人談

幹部に昇格したことで慢心していました。でも当時は、その自覚はまったくありませんでした。スタッフからの評判が悪いことも、そんな風に見るスタッフの方が悪いと思い、自分に原因があるとは思ってもいませんでした。そして、厳重注意や降格人事を受けても「俺のなにが悪いんだ。精一杯やっている。俺の苦労を周りは少しもわかってくれない」とさえ思っていました。

ところがある日の面談で社長の思いを知ることとなりました。それから、社長の思いをなんとなく考えるようになり、また、アンリミカウンセラーとの面談を通して、本来、幹部として何を心がけ、どう振る舞うべきなのかを教えていただきました。

けれども、なかなか実践できませんその頃から他の幹部の方々からも「この目標を一緒に目指そうよ」と時には厳しく、時には優しく、対話を繰り返すようになりました。

結果、本当に変わらなくてはいけないと思うようになっていました。それでも、自分を変えることはできませんでした。

変わったきっかけは、海外拠点の開拓を任されたことです。変わりたいけど、変われない自分に挑戦するよいきっかけだったと思います。会社としても、私にくださった最後のチャンスだったのではないかと思います。見捨てず、とことん関わってくださり、心から感謝しています。

0885bf7f35c8177fffac69f79235445a_l

企業:株式会社日本ロックサービス 建築金物卸問屋