感謝で応える

とある社長同志の談話の場面。

A社長の部下が頼まれていた仕事をやり終えたことを報告に来ました。

A社長「さっき頼んだばかりなのに、君は仕事が早いね。助かるよ。ありがとね」と。

その会話を聞いていたB社長は、
「仕事なんだから、できるだけ早くやるのは当たり前でしょう」と。

すると、A社長の部下は「その通りです。当たり前のことを私はやっているだけです」。

A社長「いやいやB社長、仕事と捉えればあたり前のことですけども、当たり前のことにも感謝の思いで対応することが大切だと思うんですよ。その方が仕事を任される方も嬉しいし、モチベーション上がりやすいじゃないですか」と。

B社長「へえ、そういうものですかねえ。頭に乗ったりしませんか」。

A社長「相手がどうなるかが問題ではないんです。感謝の気持ちになるかどうか、私の問題なんですよ。相手がモチベーションあげるとか、図に乗るとかを気にしているうちは、それは感謝ではありませんからね。結果的に社員のモチベーションが上がっているというだけですよ(笑)」。