考え方の基準を共有する幹部に成長

koushi
dl057

契約動機

幹部一人ひとりを見ればよく頑張ってくれていましたが、視野が自分の部署に偏る傾向があり、また、それぞれの個性が豊かでしたので、部署間を越えた組織力の発揮を期待しました。くわえて、私と幹部の判断や価値観に多少のギャップを感じていたので『幹部勉強会』をお願いしました。

結果

月一回の『幹部勉強会』を重ねるごとに、幹部たちとのギャップを感じることが少なくなっていきました。また、積極的に各部署の幹部たちが互いに意見交換するようになり、幹部同志・部署同志の協力がより強くなりました。

『幹部教育』を通して私が一番勉強になったのかもしれません。幹部一人ひとりが会社を愛し、なんとか盛り上げていこうとしていることを肌で感じました。ただ、個性豊かな分その表現に違いがあるため誤解が生じたりするのではないかと勉強になりました。トップリーダーとして、そうした幹部一人ひとりの『違い』を受け止めることは、会社組織を盤石にするには重要なことだと思います。

幹部A談

社長から「正しい考え方が大切なんだ。この考え方に共感するなら、幹部も一緒に学びましょう」と。それで『幹部勉強会』がはじまりました。

毎月の勉強会で学んだことは、現場で起こる商品の問題、スタッフの問題、取引先の問題等々、物事をジャッジする考え方や判断基準です。

一朝一夕に身につくようなものではありませんでしたが、以前なら思い悩むようなことも、正しい考え方を軸にできるようになったことがよかったです。

また、自分の短所の受け止め方と成長に結びつける考え方を学んだことが、自分としてはとても重要でした。短所を頭で理解はしていても、なかなか自己成長に結びつけられるものではないと思います。人に指摘されれば「そうは言っても・・・」「お前だって・・・」「それは誤解だ・・・」等々の思いが沸き起こります。

時間は掛かりましたが、カウンセラーさんからの指導を繰り返し受けるなかで、アンリミさんの「見方・考え方・捉え方」が腑に落ちていきました。

この考え方を部長、次長も学べばもっとよい現場リーダーとして成長してくれることと思います。

8deb28e763c61070aff26e6dc8709669_l

幹部B談

ef9fc86096ace10399a8bf72c8fee6db_l

幹部同志が共通の物差しを共有できたことがよかったです。『因、我にあり』と『利他スピリッツ』、わかりやすい言葉で言えば、「人のせいにしない」「相手のお役に立つ角度に立とう」「仕事は厳しくしても、楽しい職場にしよう」というようなことです。

考える基準を共有することによって、諸問題に対し幹部それぞれの意見がまとまりやすくなったように思います。そして、社長の呼吸と合うことも増えていったように思います。

そして、幹部同志の意見交換も多くなりました。実際には、意見のぶつけ合いです。どこか遠慮して意見すら言えない間柄の会社が多いなかで、意見を言い合えることは素晴らしいことです。意見を出し合うことで、よりよい方向へと進むことができるようになったと思います。

企業:(株)日本ロックサービス  建築金物卸問屋