1組から5組を増やす秘訣

ウェディングプランナースキルアップ勉強会

%e7%a4%be%e5%93%a1%e6%95%99%e8%82%b2%e8%ac%9b%e5%b8%ab%e3%80%80%e5%b8%b8%e5%8b%99
c57813b5879a4c5c9133b9b3abdb5b47_l

友達を巻き込む披露宴

成約率を上げるための研修に出させていただきましたが、なかなか成約は伸びずにいました。それでアンリミのスキルアップ勉強会を受けることになりました。

アンリミカウンセラーのアドバイスは「新郎新婦や友人たちと、もっと一緒に結婚式をつくるようにしましょう」と。

友人の余興をフォローしたり、新婦さんへのサプライズ企画を新郎さんに提案したりなど、私なりにできることはしているつもりでした。

ところがアンリミのカウンセラーさんは「一緒にやるにしても、一つひとつのことにポイントがあるんです。一組の結婚式から次の結婚式につなげるポイントを押さえることが大切です」と、新郎新婦の友人へのアプローチを色々と提案してくれました。

私も友人になる

友人へのアプローチの一つはサプライズ企画を友人たちと一緒にすること。そのためにはどうすればよいか、アンリミさんからアドバイスをいただきました。なかでも大きな挑戦になったのは、サプライズ場面の司会役を友人の一人として私がすることでした。

司会をすることによって、列席者に担当プランナーである私を覚えてもらうことができ、尚且つ、新郎新婦、友人たちと一体感を感じることができます。なので、披露宴後には二次会に呼ばれるようになり、皆さんとより信頼関係をつくることができます。さらには後日、『サプライズ大成功打ち上げ』と『ご苦労さん会』を開催し、結婚が決まれば私に相談にくる種を植えておくのです。

実は、友人たちとのサプライズ企画はサプライズをするためだけではありませんでした。友人たちとの接点を持つことで、打合せからは見えない新郎新婦の素顔やご家族様のことを知ることができ、結婚式・披露宴での進行や雰囲気づくりに活かすことができるのです。だから、他にはない、心に響く結婚式を一組一組に合わせてつくることができるようになったのだと思います。

wedding-planner

1組から5組へ

c8b34b0687974b01747b6ca7c0722e36_m

アンリミさんからは「尽くして求めずの精神で、挙式後も新郎新婦、友人たちと付き合うようにしていきなさい」とアドバイスをいただきました。

結果、新郎新婦さんから紹介をいただけるようになり、さらには、直接、友人たちから「結婚するので相談に乗ってもらえますか」とか、ストレートに「○月○日、空いてますか」というような連絡がくるようになりました。

新郎新婦や友人たちとの打合せの一つひとつにはポイントがあります。勉強会のなかで、相談と実践を繰り返し、「なるほど、そういうことか」とわかっていきました。

これからは、列席者のリピーターが増えたので、飽きさせない結婚式・披露宴をつくることが課題です。