ytbd

/ytbd

About ytbd

This author has not yet filled in any details.
So far ytbd has created 8 blog entries.

業績UPに苦しむ店長

地方のベーカリーチェーン。 パートさんとアルバイトの管理ができる店長を育てようとしてきたのですが、なかなかうまくいきませんでした。期待する人に任せようとすると辞めてしまうことが繰り返されていました。 社長として言うべきことは言うし、指示も注意もアドバイスも、やるべきことはやっています。
しかし、店長、右腕が育たないのはなぜなのでしょう? アンリミのカウンセラーに、疑問をぶつけました。
「思うようにならない人とどう向き合うとよいのか。哲学的には、相手の思いを叶えた分だけ、相手はこちらの思いを叶えてくれる。これは本質です。思いを叶えるとは、今ある具体的な要望に応えるばかりではありません。実際には、思いを受け止めることが相手の思いを叶えることになるとも言えます」

人材育成・社員教育

店長勉強会

社長の期待に応えたいという思いはありましたし、自分たちも店長として、スタッフを育て業績を上げていくことを目指していました。
ところが3店舗とも業績が今一つの時期が半年ほどつづきました。スタッフたちもみんな頑張っていましたし、どうしてお客様が減るのか、どこに原因があるのか、どこを改善するとよいのか、わからずにいました。
そうした状況のなか、わたしたち3店舗の店長が集まり、アンリミさんの勉強会が始まりました。

カウンセラーの方が店長から店舗やスタッフたちの状況を聞き、アンリミテッドの成功哲学を教えてくれました。そして、業績悪化をどう捉えるのか。社長の指示や言動をどう捉えるのか。頑張るスタッフをどう捉えるのか。くわえて、お客様をどう見て、自分をどう見つめ直すとよいのかというようなことを何回かの勉強会を通して気づかせていただきました。店長勉強会を受けた結果、業績はあがり、リピーター率が増えました。

社長談

カウンセラーの方が言うには、「業績が下がった時に、当然、社長はその原因を店長に追及れたと思います。だから、店長の皆さんは数字・業績ばかりを気にするようになっていました」ということでした。
そして「何をしても業績が回復しないから、ますます数字を気にするようになり、そうすると、どうしても笑顔は少なくなり店の雰囲気は落ちていきます。だから私は、なぜこの仕事をやり始めたのか、原点にもう一度立ち返っていただきました」ということでした。
今では各店長が一番活き活きと接客し、その勢いがスタッフに伝わっている様子です。

アンリミテッド 経営コンサルタント


アンリミテッド 経営コンサルタント

2016-11-21|人材育成・社員教育事例|

反発する幹部がいて困る 

社員20人の菓子製造卸会社

二代目社長になるも幹部社員は反発

率先して動いているのに結果に結びつかない

大手企業に勤めていたというプライドと生来の負けん気の強さで社長就任後、営業から企画、商品開発にと人一番頑張っているつもりでした。ところが父の代からの幹部たちはことあるごとに私の提案や意見に対し、必ずデメリットをぶつけてきます。やらない言い訳にしか聞こえません。
スタッフたちも指示を出せば口では「はい、わかりました」と返事をしますが、幹部の顔色をうかがいながら、内実の伴わない状態でした。

「社長の指示通りにするのは当たり前のことなのに」といつもやり場のない怒りに苦しんでいました

アンリミと契約し、そのことを相談すると、なぜ幹部たちが反発するのか、スタッフたちが協力的でないのか、原因の根本をこんこんと説いてくれました。
感情的には受け入れがたいところもありました。しかし、現状を打開するには何とかしなければなりません。何をどうするとよいのか、カウンセラーの言う通りに実践していきました。実際には、言われた通りにはなかなか実践できなかったのですが、それでも協力的になりはじめる幹部、スタッフが出始めました。
それはある会議でのこと、最も私に否定的だった幹部社員に大きな事案を一任することにしました。それまですべてにおいて私が関わってきたので、いつも否定的なその幹部に任せることは勇気のいることでしたが、カウンセラーの言う通りにしてみました。
はじめは驚いた顔をしていましたが、フタを開けてみればスタッフたちをどんどん巻き込み積極的に動いてくれたのです。
そのことがあって以来、以前とは別人のように協力的になってくれました。

幹部が変わったことに対して

カウンセラーからは、反発する幹部に対する本質的な捉え方とその対応を学びました。
課題が多く、やり切ることはなかなか難しかったのですが、実践するなかで幹部とスタッフの変化を感じていきました。

カウンセラーさんが言うには、「会社の業績を担ってきたと自負する幹部ほど、社長といえども経験も年齢も自分より下になる人の指示に従うことは辛いものです。そうした心情を察することは大事なことだと思います。生身の人間ですから」、
「けれども、アンリミ哲学を実践する社長に触れ、次第に協力的な心情に変化したのです」と。
また、「ですから、最も反発していた幹部は、大きな事案を一任した時にはすでに協力的な心情になっていたと思います。変わるきっかけが欲しかったのです」と。
私自身、『なぜ反発するのか』と否定的に見ていましたが、『先代から会社を支えてきてくれた力を借りたい』と思うようになっていました。
そうして、いつの間に、ベテラン幹部からも社長と呼ばれていました。


経営コンサルタント

2016-11-21|経営カウンセリング事例|

思うようにならない人がいる

思うようにならない人がいる

『何回言っても、その通りにやってくれない』、
できないのではなく、反発してやらない。

『何度お願いをしても、頑(がん)として聞き入れてくれない』、
聞き入れないばかりか、逆行してしまうなど。

部下の場合でも、そう簡単ではありません。
職責・役職上の権限で指示や命令をしても、なお動こうとしない、動かない。

いったいどこに問題があるのか?

いくつかのポイントを挙げれば、
まず、自分は正しくて間違っているのは相手と見ている。
次に、相手をどうしたら変えられるのかだけを考えている。
そして、相手をマイナスの存在と捉えている。

つまり、
相手に対する見方・考え方・捉え方に問題はないでしょうか?

 

『ヒューマニズムの観点』で言えば、
まず、間違っているのは相手だが、自分も決して正しくはないと見る。
次に、相手の変化を求めるのではなく、自分の変化を考え、
そして、相手を借りて自分が成長できると捉える。

 

自己感情と相手感情

大事なことは、「努力の角度」です。

自己感情で言えば指摘になり、相手感情を大事にすれば気づきになる。
自己感情は文句となり、相手感情を優先すれば激励となる。
さらに本質を言えば、相手は自分に対する理解を求めている。正しさより納得を求めている。

誤った捉え方、見方、考え方からは、
誤った行動と結果を作り出すのです。

 

解決法

多くの場合、この悩みや迷いをテクニックで解決しようとします。
ともすれば、分析的な方法に走るあまり、本質的知見を見失ってしまう。
ただ残念ながら、それらはテクニックという対処に過ぎず

『根本の治癒』

には至りません。

解決法は捉え方・見方・考え方の変化の後に付いてくるもの。
重要なのは取り組む姿勢!
あるいは角度。

問題を通じて
何に気づくことが大事なのか?
自分のどこに課題があるのか?
と考え前向きに臨むことです。

改めて、原因のない結果はありません。

売上も社内の人間関係も組織の活性化も躍動もみな・・・、捉え方・見方・考え方の変化の後についてきます。

 

経営改善・人材育成・社員教育

2016-11-21|経営カウンセリング事例|

1組から5組を増やす打ち合わせ

1組から5組を増やす秘訣

ウェディングプランナースキルアップ勉強会

%e7%a4%be%e5%93%a1%e6%95%99%e8%82%b2%e8%ac%9b%e5%b8%ab%e3%80%80%e5%b8%b8%e5%8b%99
c57813b5879a4c5c9133b9b3abdb5b47_l

友達を巻き込む披露宴

成約率を上げるための研修に出させていただきましたが、なかなか成約は伸びずにいました。それでアンリミのスキルアップ勉強会を受けることになりました。

アンリミカウンセラーのアドバイスは「新郎新婦や友人たちと、もっと一緒に結婚式をつくるようにしましょう」と。

友人の余興をフォローしたり、新婦さんへのサプライズ企画を新郎さんに提案したりなど、私なりにできることはしているつもりでした。

ところがアンリミのカウンセラーさんは「一緒にやるにしても、一つひとつのことにポイントがあるんです。一組の結婚式から次の結婚式につなげるポイントを押さえることが大切です」と、新郎新婦の友人へのアプローチを色々と提案してくれました。

私も友人になる

友人へのアプローチの一つはサプライズ企画を友人たちと一緒にすること。そのためにはどうすればよいか、アンリミさんからアドバイスをいただきました。なかでも大きな挑戦になったのは、サプライズ場面の司会役を友人の一人として私がすることでした。

司会をすることによって、列席者に担当プランナーである私を覚えてもらうことができ、尚且つ、新郎新婦、友人たちと一体感を感じることができます。なので、披露宴後には二次会に呼ばれるようになり、皆さんとより信頼関係をつくることができます。さらには後日、『サプライズ大成功打ち上げ』と『ご苦労さん会』を開催し、結婚が決まれば私に相談にくる種を植えておくのです。

実は、友人たちとのサプライズ企画はサプライズをするためだけではありませんでした。友人たちとの接点を持つことで、打合せからは見えない新郎新婦の素顔やご家族様のことを知ることができ、結婚式・披露宴での進行や雰囲気づくりに活かすことができるのです。だから、他にはない、心に響く結婚式を一組一組に合わせてつくることができるようになったのだと思います。

wedding-planner

1組から5組へ

c8b34b0687974b01747b6ca7c0722e36_m

アンリミさんからは「尽くして求めずの精神で、挙式後も新郎新婦、友人たちと付き合うようにしていきなさい」とアドバイスをいただきました。

結果、新郎新婦さんから紹介をいただけるようになり、さらには、直接、友人たちから「結婚するので相談に乗ってもらえますか」とか、ストレートに「○月○日、空いてますか」というような連絡がくるようになりました。

新郎新婦や友人たちとの打合せの一つひとつにはポイントがあります。勉強会のなかで、相談と実践を繰り返し、「なるほど、そういうことか」とわかっていきました。

これからは、列席者のリピーターが増えたので、飽きさせない結婚式・披露宴をつくることが課題です。

2016-11-21|人材育成・社員教育事例|

ランキングに選ばれた朝食の開発

大手に負けない朝食メニューの開発

ビジネスホテルの改装と合わせて、フードプロデュース契約を結びました。
アンリミのカウンセラーから、
「いかにすればお客様が喜ぶのか』というところから考えるのです」と。
また、
「大手にはできない、小規模ホテルだからこそできることをするのです」と言われたのです。
それから、朝食、サービスなどすべてを見直しました。
『お客様が本当に喜ぶことは何なのか』と。

この過程が、『お客様の満足』ということを真剣に考えるきっかけになったように思います。
もちろんそれまでも、他社のセミナーや研修を通じて『お客様の満足』を学んではいましたが、どこか現場で実践することのように捉えてはいませんでした。

当時は、ビュッフェスタイルが人気でしたので、個人盛りとビュッフェを融合したスタイルにしました。
そして、料理を際立たせる、ぶ厚い焼き魚に自家製の一品。

また、料理人でなくても作れる「美味しい朝食メニュー」の開発をお願いしました。
分量から火加減までの詳細なレシピを教えていただき、パートさんでも料理できるメニュー構成にするなど打合せを重ねました。

他にも、ロスが少なくなる工夫や、同じメニューでも、よりおいしく感じていただくポイント、きめ細かなサービスのポイントも教えていただきました。

朝食の美味しいビジネスホテル6選(NEWSポストセブン)に 選出

ビジネスホテルとして客室稼働率が上がり、予約サイトのクチコミも高評価をいただけるようになったある日、大手ビジネスホテルに交じって、弊社の朝食も、週刊ポストや女性セブンのウエッブサイト版「NEWSポストセブン」の「朝食の美味しいビジネスホテル6選」に 選出されるまでになったのです。
従業員も私も、お客様に対する心構えや、仕事に対する考え方など、目に見えない部分が変わっていったのだと思います。

器プロデュース

%e5%99%a8%e6%96%99%e7%90%86%ef%bc%94
%e5%99%a8%e6%96%99%e7%90%86%ef%bc%97
%e5%99%a8%e6%96%99%e7%90%86%ef%bc%93
%e5%99%a8%e6%96%99%e7%90%86%ef%bc%96
%e5%99%a8%e6%96%99%e7%90%86%e8%82%89
28-12-13%e9%ab%af%ef%bd%b6%e9%84%99%e7%a2%91%e3%83%bb%e8%9c%8a%e3%83%bb%e9%80%95%ef%bd%bb%e8%9c%92%e5%8d%81w171s
%e5%99%a8%e6%96%99%e7%90%86%ef%bc%91
28-12-13%e9%ab%af%ef%bd%b6%e9%84%99%e7%a2%91%e3%83%bb%e8%9c%8a%e3%83%bb%e9%80%95%ef%bd%bb%e8%9c%92%e5%8d%81w17s
%e5%99%a8%ef%bc%95%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a8%e3%82%a2
%e5%99%a8%ef%bc%94%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a8%e3%82%a2
%e5%99%a8
hanagara2
%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%ab
%e5%99%a8%ef%bc%93
%e5%99%a8%ef%bc%92
hanagara1
2016-11-21|フードプロデュース事例|

婚礼組数アップのメニュー開発

料理で業績アップ 料理原価5%ダウン 婚礼組数137%アップ

プロデュースポイント
・フードメニュー開発
・食材ルート開発
・食器リニューアル

人口10万の地方都市にある中規模シティホテル
根強いファンがいる一方で、評判は年々落ちていく
かつては街の顔でもあったホテルのロビーは閑古鳥が鳴いていた

集客 大激増の料理

以前は一階レストランでランチをしていましたが、2年前から宿泊客の朝食のみにしていました。フードカウンセラーとの打合せの結果、「先ずは、ランチを再開して活気をとりもしましょう」と。

さっそく始めたのが原価率を相当高くしたランチバイキングです。当然のことですが、瞬く間に、口コミで評判は広がりました。一階レストランだけでは席数が足らず、宴会場もランチ会場にするほどにお客様が来てくれるようになりました。

驚いたことは、料理がスタッフまでをもつき動かしたことです。後々知ったことですが、最初に試食したスタッフたちが、「絶対すごいから」と家族や友人を集客し、そして、ランチの豪華さに驚いた家族や友人はさらに周囲に口コミをしていたのです。

カップルの心をつかむ

次に、「回転率を上げましょう」とフードカウンセラーから提案がありました。ランチバイキングにもデザートはあるのですが、別室の小宴会場にスィーツコーナーをつくり、頃合いを見計らい、お客様にスィーツコーナーへと移動していただくのです。ここでのポイントは、カップルの方には特別によいロケーションの会場へ案内したことです。 その他にも、アレルギーのある方には別料理をつくり、幼児用の料理やカップル用の盛り付けをするなど、バイキングでありながらお客様に合わせた料理も提供しました。

お客様の喜ぶ姿はスタッフを変えていきます。次第にスタッフから現場改善の提案がでてくるようになりました。

料理原価を下げる

問題は料理原価でした。ランチや宴会の料理原価を高めに設定する一方で、婚礼料理の原価を大幅に下げることで全体のバランスをとることにしました。

アンリミさんの持つ仕入ルートによって、高級食材を相当な安価で仕入ることができるようになり、全体で原価率5%を下げることができました。

ランチから婚礼を増やす

当ホテルに地域の人が再び集まるようになり、次の展開はカップルや女性をターゲットにしたコースランチでした。これも料理原価は少し高めにしました。結果、お客様がブライダルのパンフレットを持ち帰るようになり、ランチ後に婚礼の申し込みをされるカップルも出始めたのです。 閑古鳥の鳴くロビーがブライダルや宴会の打合せで賑わうようになりました。


経営コンサルタント

器プロデュース

%e5%99%a8%e6%96%99%e7%90%86%ef%bc%94
%e5%99%a8%e6%96%99%e7%90%86%ef%bc%97
%e5%99%a8%e6%96%99%e7%90%86%ef%bc%93
%e5%99%a8%e6%96%99%e7%90%86%ef%bc%96
%e5%99%a8%e6%96%99%e7%90%86%e8%82%89
28-12-13%e9%ab%af%ef%bd%b6%e9%84%99%e7%a2%91%e3%83%bb%e8%9c%8a%e3%83%bb%e9%80%95%ef%bd%bb%e8%9c%92%e5%8d%81w171s
%e5%99%a8%e6%96%99%e7%90%86%ef%bc%91
28-12-13%e9%ab%af%ef%bd%b6%e9%84%99%e7%a2%91%e3%83%bb%e8%9c%8a%e3%83%bb%e9%80%95%ef%bd%bb%e8%9c%92%e5%8d%81w17s
%e5%99%a8%ef%bc%95%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a8%e3%82%a2
%e5%99%a8%ef%bc%94%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a8%e3%82%a2
%e5%99%a8
hanagara2
%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%ab
%e5%99%a8%ef%bc%93
%e5%99%a8%ef%bc%92
hanagara1
2016-11-01|フードプロデュース事例|

業績大幅アップの全面改装

客室稼働率50%→80%の建築リニューアル

富山県富山市・富山駅から徒歩3分。
北陸新幹線開通を控え、 大手ビジネスホテルが軒並み進出
大手ホテルは価格競争をしかけてくる。
地場ホテルは次々消えていった・・・。
改装前、ホテルの客室稼働率は 70%から40%までに下がり、
大手に飲み込まれるのは時間の問題だった。
建築プロデュース

思いもよらない改装案!

はじめはアンリミさんからの提案に驚きました。
当時、和のホテルは聞いたこともありませんでしたから。
しかも、和にするのはデザインだけでなく、
『靴を脱ぐ』『土間風エントランス』『畳』『囲炉裏』『大浴場』『足袋と甚平』といった、
それまでのホテルにはない『和』のくつろぎ感を追求しましょうということでした。

大浴場のあるビジネスホテルは普及していましたが、ホテルという固定概念からなかなか抜け出せません。
「靴を脱がさせるのか」、「脱いだ靴はどこに?」、「うちは旅館じゃない」等等、
納得しきれない思いを拭い去ることができませんでした。
経営コンサルタント

値下げ衝動との戦い。

改装前は価格競争をしていたわけですから、客室単価を上げる時点で、客層が変わることは分かっていました。
なので、「それならば」と、しっかりコンセプトを打ち出せるホテル名にしようということで「コンセプトホテル和休」と名前を変え、まったく新しいホテルを建てるつもりで改装に取り組みました。

実は、リニューアル後が一番苦しみました。覚悟はしていたのですが、それまでの客層の方々が来なくなったのです。
値段を下げようと思う」とアンリミさんに相談をすると、カウンセラーは、「口コミや紹介でお客様は必ず増えますから、決して値段を落としてはいけません」と。

大手ホテルにはできないことを、やる。

本当の満足!

アンリミのカウンセラーがはっと気がつがつかせてくださいました。
「ハードでは大手にとても適いません。ですから、ハードから考えるのでなく『いかにすればお客様が喜ぶのか』というところから考えるのです」と。
また、「大手にはできない、小規模ホテルだからこそできることをするのです」と。
それで、施設だけでなく、『癒し』をテーマにアメニティグッズや朝食、サービスなどすべてを見直しました。『お客様が本当に喜ぶことは何なのか』と。
この過程が、『お客様の満足』ということを真剣に考えるきっかけになったように思います。
もちろんそれまでも、他社のセミナーや研修を通じて『お客様の満足』を学んではいましたが、どこか現場で実践することのように捉えてはいませんでした。
社員教育・人材育成

結果的には4か月後、急激に稼働率アップ

満室がつづくようになりました。
口コミサイトにて地域別総合一位の評価をいただけるようにもなりました。


お客様に「癒し」をお届けする 心のリニューアルができたからこその結果と考えます。

 

50%→80%  客室稼働率の推移


人材育成

2016-11-01|総合建築プロデュース事例|

何をしても業績が上がらない

本質・根本からの変革
マンツーマンカウンセリング
結果を激変させるアンリミ哲学

思うような結果が出ない
思うようにならない人がいる
何をやっても行き詰まる

原因のない結果はありません。アンリミテッドでは、経営現場で起こる多種多様な『思うようにならない事』に対して、その原因の正しい捉え方と対応・実践をカウンセリングします。
本質からの変革ゆえに、目に見える現象、すなわち業績ばかりでなく社内社外の経営環境も結果的に変革します。

クライアント談

「スタッフは喜んで働いていますか?」との問いかけからカウンセリングが本格的に始まりました。
アンリミさんの言う『物事の正しい捉え方』の実践は一朝一夕にはいきませんでした。
それでも、半年ほど経つと、スタッフからは「社長、どことなく変わりましたよね」と、また取引先からは「会社の雰囲気がどんどん明るくなってますね」と言われるようになっていました。
一方、私はというと、アンリミ哲学を実践する努力をしてはきましたが、なかなか上手くいかないものだと反省する日々で、変わったという自覚はそれほど明確にはありませんでした。
そうして一年が経ち、気がつけば業績は上向き、スタッフは積極的に動いてくれるようになっていたのです。

カウンセリングで教わることは、より正しい捉え方・見方・考え方の実践です。
その実践が、スタッフの成長に繋がり、成長したスタッフが業績を上げてくれたというのが実感です。
これからもアンリミ哲学を軸にすることを大事にしたいと思います。

経営コンサルタント

  • 問題に潜む本質をつかむ
  • 現象のみ変えても、本質が変わらなければ元に戻る
  • 本質を変えることで、現象がオートマチックに変わる
原因の捉え方

表面原因
本質原因
究極原因


2016-11-01|経営カウンセリング事例|