『宇宙船地球号から月を見る時代』

動からざるもの(地球)から動たる衛星(月)を見ている、観ている

対して、『逆転の発想』か?

あるいは、単純な発想の転換ではなく、根本的な捉え方の転換か?

 

事業を事業するのか?      夢を事業とするのか?

欲望だけを事業化するのか?  ロマンを持って事業を現実化するのか?

 

発想の原点は・・・発想のベースは・・・

 

厳しい現状と不安な未来をベースとして考え、発想し、展開をしようとしているのか?

あるいは

希望と夢・ロマンを胸中に輝ける未来を設定しベースとして考え、発想し展開するのか?

 

発想の原点の違い、発想のベースの違いによって、全く違ってしまう!

前者は「迷いと躊躇」 後者は「希望と勇気」等々

 

畢竟・・・

心からなる願望と希望のないことが根本原因か?

心底からの願望がないことによって未来を見えなくしている

胸踊るような希望がないことで全てに躊躇してしまう

 

アンリミテッドのクリエーティブ・マネジメント

「行き着く港のない船に、風は決して帆を押さない」

これは有名なモンテーニュの言葉です

私たちは望まぬ方向へではなく、心から体験したいと思う希望の港に向かって帆をあげるべきです

何よりもまず「心からなる願望・希望」こそが出発点であるべきです

それを私たちは成功への「原点」と名づけます!

 

一艘の船が西に進み、もう一艘の船が東へ進む

同じ風が吹いている

どこへ進むかを決めるのは、風ではなく、帆の問題だ         エラ・ウイーラー・ウイルコックス

子龍