日本独自?に季節のイベントを彩っている

バレンタインデー(チョコ)にホワイトデー(クッキー)

春爛漫のお花見前イベントとしては”有り”な気もする

 

男子の私としては、義理だろうが何だろうが

プレゼントを頂くこと自体、嬉し恥ずかしで悪い気はしない

実際、メッセージなど添えられたら感動すら覚える

 

それにしても、これらの経済効果はどれほどのものなのか?

人が動く・・・そのまま経済に表れる

今月から始まる花見の効果は?

ゴールデンウィークのそれは?

 

ことわざを思い出した

「風が吹けば桶屋が儲かる」

1.大風で土ぼこりが立つ

2.土ぼこりが目に入って盲人が増える

3.盲人は三味線を買う

4.三味線に使う猫皮が必要になりネコが殺される

5.ネコが減ればネズミが増える

6.ネズミは桶をかじる

7.桶の需要が増え桶屋が儲かる

 

これ経済効果か? 巡り巡っての経済循環か?

どうも皮肉を込めた言い回しにも聞こえるが・・・果たして

せっかくのイベントも経済で語ってしまえば味気なくなってしまう

まったく以て、ロマンのない話だ!!!

 

うかつにも、そのイベント当日から体調を崩してしまい休養

ホワイトデーで感謝や御礼どころではなくなってしまった

突然、お腹の調子がおかしくなり、食欲もなく怠い

そして今日は頭痛がひどく朦朧としている

しばし、体調の回復に努めたい

 

まったく自己管理が甘い  反省している

 

子龍