出会いは偶然か?はたまた必然か?

同じ時代に生まれあわせ、互いに求め合うものが引き合わせる

そして、話し語り合う一人は、やがて心を分かり合える「友」となる

 

素直な思いを、心情を・・・

遠慮気味に夢を話し、恥ずかしがりながら理想を語った

なにより、寝食を共にした大切な時間は、確かな喜びの1頁である

 

何時だって「友」を想い、心に「友」を思う時

なぜか元気になれる!頑張れる!勇気だって湧く!

そんな存在こそ「友」であろう

 

苦しみ悩み、迷っている友がいる

臆せず毅然と戦っている友もいる

 

私は心からのエールを送りたい

強い一念を込めた祈りを捧げたい

 

『最後のパットが決まるまで、何が起きてもおかしくないんだ』ゲーリー・プレーヤー

 

子龍