変化の激しき時代状況であればこそ、その応戦は必至であろう!

しかし、それらはあくまで必要条件であって、十分条件を満たしてはいない!

そう考えます

では、その””十分条件””とは何か?

それは、どこまでも自己自身の『変革への挑戦』であると確信いたします

 

時代環境の変化に対する応戦は必然であり当然のこととして

その様々な応戦が結果に連動しないとするならば、それは・・・

応戦の主体者である自己自身の「変革への挑戦」が不十分であると考えられます

 

ここに、創立者のメッセージを添えておきたい(平成5年:1993年)

 

『ヒューマンスピリッツ・変革への挑戦』より

 

現実世界における唯一無二の存在でもある

尊極極まりない生命体としての自己自身の変革

(自己能力の顕現化)とその現実化への挑戦の事であり

このテーマの現実化をするためには、誰人であれ

自らの人生を厳然と凝視した時のみに、必然的に湧き出でてくる

”このままではいけない”

との自らの人生との対決を自らが明らかにした証明としての

前進的かつ能動的なエネルギーの燃焼が

自己成長への継続的推進力として

是非とも必要とされることともなるでしょう

そして、この事実の認識を起爆剤としてスタートした

「テーマを現実化するためへの実践三箇条」の継続的な実践

つまり”聞く・やる・学ぶ” あるいは”発見・実践・確認”

のリズムの繰り返しの後に変革の挑戦とは

実は実践の事でもあったとの挑戦即実践論

または実践即挑戦論ともいうべき黄金の法理の発見を

お一人おひとりの皆様が本年を闘い切った時点で

自分史の中でも一段と輝いている映像としての記録を

自らの内面世界にしっかりと刻み込む事ともなるでありましょう

そして、このことが自身を取り囲む一切

(時代・環境・目標・その他の様々な事実)の

現象の変革との闘いに勝利する”一大キーポイント”でもあり・・・(省略)

 

そして『美丈夫が闘う今に未来あり』と結んでいます

 

本日は上記内容をアルカディア幹事会にて確認させていただいた

改めて「因我にあり」自己変革こそ普遍のテーマ

そのテーマの現実化は「実践三箇条」であると・・・

 

子龍