今日は、9月掲載分「無限提言」の取材があった

これまで月間誌:リリーブの時代を含め100回を超える

出来得る限り、その時々にタイムリーな話題を取り上げた内容を綴ってまいりました

 

その月その時に話題になっているニュースや、現実的なクライアントの課題などを

哲学的な「捉え方・見方・考え方」で、それらを紐解き本質と普遍の真理に迫ろうと

本社:担当者(T君)と対談形式で、話した内容を原稿に落とすというもの

いわばT君と私の共同作業であり合作と云ったところか?(以前もT君だった)

 

ただただクライアント方々の『結果の変革』への一助となる事だけを願い

また『自己変革への挑戦』をされているお一人へのエールとなればとの思いで

毎月の掲載を続けております

 

アンリミ哲学は、机上のものではありません

テキストや書籍の中に存在するものでもございません

日々現実の中に、振舞いに、実践の中にあります

 

哲学を理解することと実践することとは次元が違うもの

理解しても価値は生みません

実践して初めて価値が生じます

 

たとえば哲学は、自己自身(建物)を建設するための足場

足場をつくるのが目的ではありません

自己変革した自身(建物)を現実化することが目的の一切です

 

『自己変革』は継続的なテーマ

より高く、今よりも大きな姿(自分)を目指し続ける上で「足場」は欠かせません

高く大きくなればなるほど「足場」は、より重要(確信・核心・革新)になってきます

 

故に、「足場」となり「支え」となるアンリミ哲学をメッセージし続けて参ります

どうか、今後とも「無限提言」をご愛読くださいませ

 

*ご要望やご意見は本社まで

 

子龍