◆テイクアウト衛星チェックシート(無料ダウンロード)

衛生チェックシート《テイクアウト編》

食中毒の危険性が高まるこの季節に、きめ細かな安心安全の提供が顧客からの支持に繋がる。

 

◆Go To Eatキャンペーンについて

Go To Eatについては「大手予約サイト」を通じたポイント発行が行われる見込みです。
例えば、食べログやぐるなび等ですね。
(あくまでも予約サイトであり、PayPayなどのキャッシュレス業者は対象ではありません)
ただ、始まった際にすぐ対応できるよう、イベントの企画だけは今のうちに固めておいた方がよさそうです
内容自体は昨年までと同じでも、補助金やポイント還元があるだけでも違います
逆に、やらないと他に取られて、今以上に凹む可能性もあります。

(弊社パートナー企業・キリン様より情報をいただきました)

※参考ページ https://travelersnavi.com/coupon/gotocp2020

 

◆無料で使えるデジタルメニューサービス

Menu Book モバイル」

使い方画像1

毎回のメニュー表を消毒する負担を軽減するために、お客様が自身のスマホでQRコードを読み込むと簡単にメニューを見られるシステムのご紹介です。
映像・コンテンツ制作を手掛けるZiZi(東京・西永福、萱沼欣司社長)は、無料ですぐに利用できるデジタルメニューサービス「Menu Book モバイル」を6月2日にリリース。

「メニュー表の消毒がスタッフにとって負担になっている」
消毒液の確保が大変」
「不特定多数の人が触るのでお客さんの心配を減らしたい
「デジタルメニューを導入する資金の余裕がない」

などの声を聞き、同サービスを開発

公式サービスサイト(https://menubookmobile.com/)から、登録不要で誰でも無料で利用できる
(6月4日掲載)

 

◆テイクアウト調理の注意点 ご案内

注意点をシンプルにまとめた内容です(PDFファイル)。

bento-takeout

 

テイクアウトに対して、必ずケアしなくてはいけないのが「食中毒」です。
食中毒はお店をつぶすだけでなく、病院や保健所の負担も増やすことになります
これが多発すると、テイクアウト販売そのものが許認可制になる可能性も考えられます。
店内で提供する飲食物とテイクアウトは別物です。

これから気温が高くなり更に食中毒リスクも高まります。十分、お気を付け下さい。

(弊社パートナー企業・キリン様より情報をいただきました)

 

 

◆経産省等から出ている支援資料ページ