公益社団法人日本ブライダル文化振興協会及び一般社団法人全日本冠婚葬祭互助協会より、『緊急事態措置による自粛・施設等の利用制限の要請等が解除や緩和された後の営業再開に向けた「新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン」』が、5月14日発表されました。

以下、両協会よりの発表内容をアップさせていただきます。

結婚式場の新型コロナウイルス感染防止ガイドライン

 

感染防止のために、お客様そしてスタッフの「安全・安心」をどうつくっていくかが、ブライダル産業の課題とされています。当然のこととして、今後私たちがどう取り組んでいくのか、具体的対策が求められてきます。

コロナ発生以前の状況と比較すると、対策項目の内容、種類が多く、非常に負担も大きい。また接客スタイルや商品の提供の仕方も、今後大きく変わっていくことが考えられます。感染防止の対策を万全にした上で、「ここまでやっていただけるのですか」と相手の期待以上の満足を提供することができるかどうか。結果として、信頼関係を築けるかどうかが本質的なポイントとブライダルに携わる方々は感じていらっしゃると思います。

 

「ダイヤモンドはダイヤモンドで磨く。人間は人間によって磨かれる」との言葉が有ります。

今後ますます、人の力によって結果は大きく違ってくる、そう考えております。暗く沈んだ時間が多い分、結婚式本来の「二人の門出を祝う、喜びに満ちた瞬間」を創ることは、意義深いものになると思います。

弊社としても、全力でクライアント様の支援を実践して参りたい、そう考えております。