経営カウンセリング事例

/経営カウンセリング事例

二代目社長の不安

経営者としての軸

dscf8411

状況

・社員105人(2001年)の建築金物卸問屋

・父・社長は業界を創り上げた人望家

・二代目として跡を継ぐプレッシャー

・経営者としての在り方を専門家から学ぶ必要性を感じていた

契約動機

父の経営する会社に入社して16年後の37歳、二代目として跡を継ぎました。業界の先駆者であった父・社長は人柄と発想力で取引販売店を広げ、社内においても、そこにいるだけで温かな空気とピリリとした緊張感を自然とつくりだす社長でした。

社長就任前から私が現場の指揮をとっていたのですが、いざ、偉大な社長の跡を継ぐということになると、戸惑いやプレッシャーがありました。

社長に求められるものは、商売をする判断や決断だけではない、組織をまとめる経営者としての理念や軸のようなものが必要だと考えました。そのためには経営の専門家から学ぶ必要があると考え、アンリミと『経営カウンセリング契約』をしました。

経営カウンセリング

president_img

クライアント社長談
アンリミの経営カウンセリングは「人」に焦点をあてるものでした。すべての業務はどこかで必ず「人」が関わります。つまり、効率や効果を上げるシステムやツール、あるいは社内を活性化させる社内規定や制度など様々なものがありますが、それらが活かされるかどうかは「人」によります。うまくいかない時、多くの場合、行き着くところは「人」の問題です。価値観のギャップ、思うように動いてくれない、何より、自分自身の未熟さ。社長としての成長をするにはどうするとよいのか。一つひとつのことに対する「見方・考え方・捉え方」を学び、実践しました。

それらの実践は簡単ではありません。常に自分との葛藤でした。けれども、学ぶなかで、思うようにならないことや自分の未熟さと正面から向き合うことができるようになっていったように思います。

結果、スタッフに対する見方や諸問題の捉え方が次第に変わり、変わった分だけスタッフが成長したように思います。そして、その成長したスタッフが業績を伸ばしてくれたというのが実感です。

経営は、業績の問題、スタッフの問題、資金の問題、等々、問題はなくなりません。けれども、アンリミから教わった「見方・考え方・捉え方」を軸に据えることによって、判断のブレが極めて少なくなったように思います。

img_0254
dscf8401

幹部A談

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

以前の社長は、ユーモアと力強さの魅力を感じる一方で、直情的にスタッフを叱りつけたり、厳しい処分を即断されるなど、怖くてついていけないと思わせる側面もありました。それがアンリミとの契約後、「あれ?」と思うようなことが増えていったのです。言動の一つひとつに、思いやり、心配り、配慮等々、一言で言えば、「人間的な大きさ」を感じるようになっていきました。

たとえば、ある商品のことが問題になった時には、「どうすることが社会のためになるのか、それをベースして考えてみようよ」と。また、問題を起こしたスタッフへの処分を決議する際にも、「どういう対処が本人の成長に繋がるのかを先ず第一にして考えようよ」と。そして、厳しい処分をするにしても「彼の家族はどういう状況なのか」等々、会社や仕事という枠組みだけでは考えない大きさです。

社長は「正しい考え方が大切なんだ」と私たちに常々説きます。その考え方には共感することが多いです。そうした社長と一緒に戦わせていただくなかで、「社長のために全力を尽くしたい」「社長を喜ばせたい」「社長が目指すものを実現したい」と自然と思うようになっていました。

行き詰まった時、失敗した時、社長と会話をさせていただくと、社長は厳しい口調なのですが、なぜかホッとするんです。そして、「よし、やろう」とエネルギーが湧いてくるんです。

幹部B談

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

社長がアンリミの経営カウンセリングを受けるようになり、様々な角度から物事を見るように心がけていたように思います。

たとえば、問題が起こった時に、小売店からの見え方とメーカーからの見え方は違ってきます。同じように、一つの問題に対してもスタッフの反応は一人ひとり違います。そうした違いをわかってくれたうえで、激励や指導、アドバイスをしてくれていたという感覚があります。

また、スタッフのことをどれだけ知ることができるかと心がけてもいたように思います。その頃から、スタッフを一方的に責めることが少なくなっていました。

要するに、スタッフたちにとって、「自分たちの苦労や頑張りを社長はわかってくれている」という信頼感が強くなりました。それが厳しい業務に積極的に取り組むエネルギーになっています。

気がつけば、二代目社長を中心に私たち幹部が集い、そして、幹部を中心に、社長の考えや目指すものをスタッフも目指すようになってきています。

企業:株式会社日本ロックサービス 建築金物卸問屋

2016-12-16|経営カウンセリング事例|

反発する幹部がいて困る 

社員20人の菓子製造卸会社

二代目社長になるも幹部社員は反発

率先して動いているのに結果に結びつかない

大手企業に勤めていたというプライドと生来の負けん気の強さで社長就任後、営業から企画、商品開発にと人一番頑張っているつもりでした。ところが父の代からの幹部たちはことあるごとに私の提案や意見に対し、必ずデメリットをぶつけてきます。やらない言い訳にしか聞こえません。
スタッフたちも指示を出せば口では「はい、わかりました」と返事をしますが、幹部の顔色をうかがいながら、内実の伴わない状態でした。

「社長の指示通りにするのは当たり前のことなのに」といつもやり場のない怒りに苦しんでいました

アンリミと契約し、そのことを相談すると、なぜ幹部たちが反発するのか、スタッフたちが協力的でないのか、原因の根本をこんこんと説いてくれました。
感情的には受け入れがたいところもありました。しかし、現状を打開するには何とかしなければなりません。何をどうするとよいのか、カウンセラーの言う通りに実践していきました。実際には、言われた通りにはなかなか実践できなかったのですが、それでも協力的になりはじめる幹部、スタッフが出始めました。
それはある会議でのこと、最も私に否定的だった幹部社員に大きな事案を一任することにしました。それまですべてにおいて私が関わってきたので、いつも否定的なその幹部に任せることは勇気のいることでしたが、カウンセラーの言う通りにしてみました。
はじめは驚いた顔をしていましたが、フタを開けてみればスタッフたちをどんどん巻き込み積極的に動いてくれたのです。
そのことがあって以来、以前とは別人のように協力的になってくれました。

幹部が変わったことに対して

カウンセラーからは、反発する幹部に対する本質的な捉え方とその対応を学びました。
課題が多く、やり切ることはなかなか難しかったのですが、実践するなかで幹部とスタッフの変化を感じていきました。

カウンセラーさんが言うには、「会社の業績を担ってきたと自負する幹部ほど、社長といえども経験も年齢も自分より下になる人の指示に従うことは辛いものです。そうした心情を察することは大事なことだと思います。生身の人間ですから」、
「けれども、アンリミ哲学を実践する社長に触れ、次第に協力的な心情に変化したのです」と。
また、「ですから、最も反発していた幹部は、大きな事案を一任した時にはすでに協力的な心情になっていたと思います。変わるきっかけが欲しかったのです」と。
私自身、『なぜ反発するのか』と否定的に見ていましたが、『先代から会社を支えてきてくれた力を借りたい』と思うようになっていました。
そうして、いつの間に、ベテラン幹部からも社長と呼ばれていました。


経営コンサルタント

2016-11-21|経営カウンセリング事例|

思うようにならない人がいる

思うようにならない人がいる

『何回言っても、その通りにやってくれない』、
できないのではなく、反発してやらない。

『何度お願いをしても、頑(がん)として聞き入れてくれない』、
聞き入れないばかりか、逆行してしまうなど。

部下の場合でも、そう簡単ではありません。
職責・役職上の権限で指示や命令をしても、なお動こうとしない、動かない。

いったいどこに問題があるのか?

いくつかのポイントを挙げれば、
まず、自分は正しくて間違っているのは相手と見ている。
次に、相手をどうしたら変えられるのかだけを考えている。
そして、相手をマイナスの存在と捉えている。

つまり、
相手に対する見方・考え方・捉え方に問題はないでしょうか?

 

『ヒューマニズムの観点』で言えば、
まず、間違っているのは相手だが、自分も決して正しくはないと見る。
次に、相手の変化を求めるのではなく、自分の変化を考え、
そして、相手を借りて自分が成長できると捉える。

 

自己感情と相手感情

大事なことは、「努力の角度」です。

自己感情で言えば指摘になり、相手感情を大事にすれば気づきになる。
自己感情は文句となり、相手感情を優先すれば激励となる。
さらに本質を言えば、相手は自分に対する理解を求めている。正しさより納得を求めている。

誤った捉え方、見方、考え方からは、
誤った行動と結果を作り出すのです。

 

解決法

多くの場合、この悩みや迷いをテクニックで解決しようとします。
ともすれば、分析的な方法に走るあまり、本質的知見を見失ってしまう。
ただ残念ながら、それらはテクニックという対処に過ぎず

『根本の治癒』

には至りません。

解決法は捉え方・見方・考え方の変化の後に付いてくるもの。
重要なのは取り組む姿勢!
あるいは角度。

問題を通じて
何に気づくことが大事なのか?
自分のどこに課題があるのか?
と考え前向きに臨むことです。

改めて、原因のない結果はありません。

売上も社内の人間関係も組織の活性化も躍動もみな・・・、捉え方・見方・考え方の変化の後についてきます。

 

経営改善・人材育成・社員教育

2016-11-21|経営カウンセリング事例|

何をしても業績が上がらない

本質・根本からの変革
マンツーマンカウンセリング
結果を激変させるアンリミ哲学

思うような結果が出ない
思うようにならない人がいる
何をやっても行き詰まる

原因のない結果はありません。アンリミテッドでは、経営現場で起こる多種多様な『思うようにならない事』に対して、その原因の正しい捉え方と対応・実践をカウンセリングします。
本質からの変革ゆえに、目に見える現象、すなわち業績ばかりでなく社内社外の経営環境も結果的に変革します。

クライアント談

「スタッフは喜んで働いていますか?」との問いかけからカウンセリングが本格的に始まりました。
アンリミさんの言う『物事の正しい捉え方』の実践は一朝一夕にはいきませんでした。
それでも、半年ほど経つと、スタッフからは「社長、どことなく変わりましたよね」と、また取引先からは「会社の雰囲気がどんどん明るくなってますね」と言われるようになっていました。
一方、私はというと、アンリミ哲学を実践する努力をしてはきましたが、なかなか上手くいかないものだと反省する日々で、変わったという自覚はそれほど明確にはありませんでした。
そうして一年が経ち、気がつけば業績は上向き、スタッフは積極的に動いてくれるようになっていたのです。

カウンセリングで教わることは、より正しい捉え方・見方・考え方の実践です。
その実践が、スタッフの成長に繋がり、成長したスタッフが業績を上げてくれたというのが実感です。
これからもアンリミ哲学を軸にすることを大事にしたいと思います。

経営コンサルタント

  • 問題に潜む本質をつかむ
  • 現象のみ変えても、本質が変わらなければ元に戻る
  • 本質を変えることで、現象がオートマチックに変わる
原因の捉え方

表面原因
本質原因
究極原因


2016-11-01|経営カウンセリング事例|