今、私が貴方に「いつも貴方が嫌いだと思っているその人に感謝をしなさい」と言ったとしても、すぐに貴方はその人に感謝ができますか?

漠然とした中では「できるだろうな」と思うことがあったとしても、ほとんどは実際にその人の顔を見るとそうはいかなくなるものです。
そのような時には本当に、嫌いな人はいなくなれば良いのに、とさえも真剣に思う。
そして、貴方とその人の関係はどんどんと悪くなるのです。
ではそれを放置している貴方は、その人にとって何も悪いことをしていないのか? というと、実は、そうではないのです。
そのように思い続けること自体がすでに悪いことでもあるのです。

それは、そのことによって貴方も決して楽しくはなっていないからなのです。

そのような現実の中で「あの人も悪いかも知れないけれど、私も決して正しくはなかった」と思えるようになった時には、もう一歩踏み込んでみると「では私がどういう言動をするべきなのか」ともなって参ります。
そして、そのヒントを貴方に教えてくれていたのは、紛れもなく、その大嫌いな人であったのです。

人間関係・組織力