大嫌いな人こそ、実は貴方が何を正すべきかを教えてくれている人なのです。
そのためには、当然そのような人が居なくては叶わないことです。

人間は一人では生きては行けないのですから、互いに反目をし合うことは損になることなのです。
それでも、貴方の嫌いな人は貴方に嫌われるにもかかわらず、実は貴方に何かを訴えかけようとしている。
『あの人はあのような行動を取ってまで、私に自覚を与えようとしている。
私に嫌われてしまうことをわざわざ示す。
捨て身になって教えてくれている。
ああまでして訴えたい何かがある。
SOSを出したくなるほどに辛いに違いない』。

実際、その人は辛いのです。
正しくいえば互いに辛い思いをしているのかもしれません。

私たちは「自分を自覚させようとしてくれる捨て身のSOSのサイン」ほど大切なものはないと考えます。
特に人間関係においては、決して見逃してはならないことです。
夫婦でも、会社の中でも、クラスメイトでも、そのサインは本当に大切で、本当にありがたいことなのかもしれません。

人間関係・チーム力