話をする時には言葉を使います。
言葉を使っているその目的は、誰の場合にでも自分の思いを相手に伝えることなのです。
音声としての言葉を出すことが目的ではなくて、思いを伝達することが目的なのです。

一方通行ではない会話においては、思いをお互いが納得できるまで何度でも伝え合うことができます。
それは声を出す人と聞く人との共同作業なのです。
自分は話をするのが下手だと思っている人は一生懸命に聴くことです。
聴くことだけは是非とも上手になってください。
真剣に聴くことで話すことと同じ効果を発揮することができるのですから。

「思いの交流」をする現象があるのならば、無理をして上手に話をする必要などはありません。

聴き上手という人は、相手が「何を言っていて、何を思っていて、何に気づいて欲しいのか」という、思いを聴いているのです。
食べ物を良くかみ砕いて自分の血とし、肉とするように、言葉の意味を咀嚼して相手の思いを感じ取る訓練をした人が聴き上手な人となるのです。

自己成長・自己変革