食品衛生法の改正により、令和2年6月1日から(※令和3年5月31日まで1年の経過措置期間あり)、原則、全ての食品等事業者に「HACCPに沿った衛生管理」が求められます
食品等事業者の方々は、規模や業種等に応じて、施設ごとに「HACCPに基づく衛生管理」または「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」のどちらかの衛生管理を実施する必要があります。
ホテル・旅館・式場・宴会場・レストランは後者の管理が必要となります。

 

弊社パートナー企業のライオンハイジーン様より、対策ご提案資料をいただきましたのでご案内します。
また、ライオンハイジーン様のオンラインショップページでは関連教材もご購入いただけますのであわせてご利用ください。

「まだ対策を行っていない」「どのようなことを行なったらいいのか、よくわからない」という方にも、参考になりますのでご覧ください。

ライオンハイジーン㈱様ご提案 HACCP制度化対応資料

ライオンハイジーン様・オンラインショップページ

https://proshop.lionhygiene.jp/shop/

 

コロナの影響でたいへんな中、さらに制度化(原則義務化)への対策を行うことは非常にたいへんなことでもあります。
HACCP導入の対策でお困りの方は、弊社でもご相談をお受けしております。
お気軽にご連絡ください。

※現在テレワークを実施しており、お手数ですがメールにてご連絡ください
お問合せ・Eメール:     info@unlimi.com/

※ハサップ(HACCP)は Hazard Analysis Critical Control Pointの頭文字をとったもので、これは直訳すると「危害分析重要管理点」です
ご参考ページ・・・厚生労働省 HACCP(ハサップ)