ブログ・百鍛千錬

ホーム/ブログ・百鍛千錬/

人生

哲学者の三木清氏(1897〜1945)の人生論ノートの中から

(直近で興味深く読ませていただいている一書である)

嫉妬について
もし私に人間の性の善であることを疑はせるものがあるとしたら、それは人間の心における嫉妬の存在である。嫉妬こそベーコンがいつたやうに惡魔に最もふさはしい屬性である。なぜなら嫉妬は狡猾に、闇の中で、善いものを害することに向つて働くのが一般であるから。

 どのやうな情念でも、天眞爛漫に現はれる場合、つねに或る美しさをもつてゐる。しかるに嫉妬には天眞爛漫といふことがない。愛と嫉妬とは、種々の點で似たところがあるが、先づこの一點で全く違つてゐる。即ち愛は純粹であり得るに反して、嫉妬はつねに陰險である。それは子供の嫉妬においてすらさうである

嫉妬・・・ジェラシー

実感的に言えば、実に厄介で面倒くさい!中でも”男のジェラシー”は始末にならない

確かに、”陰険”であり、時として滑稽にすら思えるのも確かである!

『善いものを害することに向かって働くのが一般的である』・・・まったく言い当てている

嫉妬は自分よりも高い地位にある者、自分よりも幸福な状態にある者に對して起る。だがその差異が絶對的でなく、自分も彼のやうになり得ると考へられることが必要である。全く異質的でなく、共通なものがなければならぬ。しかも嫉妬は、嫉妬される者の位置に自分を高めようとすることなく、むしろ彼を自分の位置に低めようとするのが普通である。

嫉妬・・・ジェラシー

単に羨むのではなくライバル心でもない、人を陥れようとする

人を害することを喜び、しかも陰湿で用意周到であるからたちが悪い!

『彼を自分の位置に低めようとするのが普通である』・・・まったく身に覚えがある

自信がないことから嫉妬が起るといふのは正しい。尤も何等の自信もなければ嫉妬の起りやうもないわけであるが。しかし嫉妬はその對象において自己が嫉妬してゐる當の點を避けて他の點に觸れるのがつねである。嫉妬は詐術的である。

嫉妬・・・ジェラシー

自分に都合に云い「嘘・うそ」を何のためらいもなくつくものだ

そして、自身の無さからか虚勢を張りる様は、まるで負け犬の遠吠えのように見える!

『嫉妬は詐術的である』・・・まったくその通りであろう

 

卑しく、濁った心は、他人の正しさを認めたくない

常に自分が正しく、自分が優れていることを吹聴する

また、人の幸福を喜ばず、人の不幸を喜ぶ

 

そこで・・・

「反面教師」という四字熟語を思いだす

「人の振り見て我が振り正せ」とのことわざが思い起こされる

さらに謙虚に言えば・・・

「我以外皆我師」

これは作家:吉川英治氏の言葉である

 

何歳になっても心だけは、新鮮な清々しさだけは保ち続けたいものだ

何歳になっても基本の姿勢だけは、謙虚であり続けたいものだ

2022-05-17T08:42:35+09:002022-05-17|

「時の持つ力」は絶大である

ゆえに

時をつくり

時を待つ

 

安住の中からは何も生まれない

それどころか

いつしか攻める心を忘れ

守りに入ってしまう

 

気落ちしたり 気分が滅入るような出来事が山積している

全てはリーダーの考え(哲学)ゆえか

 

私たち自身を振り返ってみても

生活の中で 気分が沈んでしまうような出来事は枚挙に暇がない

コロナ、燃料、原材料費高騰・・・

だが・・・

そのことが百年後にいったいどれほどの意味があろうか?

 

今という時の大切さを今一度確認したい

 

時の力

時とは流れ

時を知り

時を選ぶ

2022-05-10T09:17:46+09:002022-05-10|

根本の認識

昨日は寒かったが、今日は少し暖かい

昨日は曇天だったが、今日は素晴らしい快晴となった

昨日は体も重く憂鬱だったが、今日は気分も爽やかだ

 

「すべては変化する」 これが『根本の認識』である

または、人生の厳粛な真実か?

 

過ぎ去った昔を振り返って見ればわかる

その長短はあっても、人生は変化に次ぐ変化である

肉体的、精神的に変化していく 環境も変わる

 

家族も・・・子供は成長し結婚、孫ができ家族も増える

社会も・・・バブルの好景気があったかと思えば、バブル崩壊後のデフレ経済も

働き方も・・男女雇用機会均等や長時間労働が問題となり、コロナ禍にはリモートワークの推進、

ワークライフバランスと

何もかも変化する

時をとどめられるものは何ひとつない

 

この変動してやまない多様な『事実』の背景には

きわめて素朴にして平明な真理が動かすべからざるものとして横たわっている

 

そうした無限の変化に、的確で価値的に対処するには何が必要なのか???

今一度真剣に考えてみたい!考えなければならない!

2022-04-21T15:52:19+09:002022-04-21|

激 励

自らが自らを励ましながら確かな一歩前進を!

 

恩師のメッセージはもちろんであるが

その他にも自己自身を鼓舞するメッセージメモを持ち歩いている

その中から、インド独立の父:マハトマ・ガンジーのメッセージを紹介したい

 

苦悩に打ち拉がれそうな時は・・・

 

喜びとは 勝利それ自体にではなく

途中の戦い、努力、苦闘の中にある

 

悲嘆の中に挫折しそうな時は・・・

 

多くの犠牲と苦労を経験しなければ

成功とは何かを決して知ることはできない

 

迷いに迷った時は・・・

 

あなたの夢は何か

あなたが目的とするものは何か

それさえしっかり持っているならば

必ずや道は開かれるだろう

 

これらは、ほんの一部である

だが、時にそれすら見えなくなってしまうこともある

受け止められる余裕がない!

受け入れられる生命力がない!

 

それでも何でも決して手放さない

握り締めて離さない

抱きしめて離れない

 

そして気が付かせてくれる場面がある

自分よりも苦悩の中にいる他人(ひと)を本気で励ます

それは同時に自分自身を励ましている!!!

激励とはそういうものなのか!?と

 

2022-04-20T11:11:21+09:002022-04-20|

震災から6年・・11年

九州を襲った、震度7の大地震

それも一度ならず二度も・・・

熊本県内で震災関連死を含め273人が命を落とした熊本地震は今日4月14日で

発生から6年となりました。

未体験の私には想像すらできない・・。

 

これまで体感した震度は5弱または5強である

きっと言葉では表現できない恐怖感を味あわれた事だろう

あれから6年

遠く離れていると、もう既に過去の事になってしまってはいないか?

東日本大震災も然り、確かに過去の出来事であっても決して終わってはいない

先日も福島県沖で大きな地震が有り、東北新幹線全線がやっと復旧した

それほどに震災のダメージは大きい!!!

震災直後は誰も皆、被災者に思いを致し寄り添おうとする

自他彼此の心なく、被災者を思う優しさに溢れていた

しかし現実は、時間が経つにつれ思いは至らず心は薄れてしまう

これ致し方のないことで、もう一方の現実ではなかろうか?

あれから6年、あれから11年

自分の中で、もう一度、被災者への思いを確認したい

そして、改めて「思い」と「心」で寄り添えたならと考えている

2022-04-14T18:55:12+09:002022-04-14|

ミッション ~アルカディアプロジェクトを通じて自覚した私の使命~

 弊社アンリミテッドクリエーションには、経営をサポートしていくシステムとして、縦糸に経営カウンセリングや人材育成、インストラクションがあります。もう一つは、横糸として、地域別にオーナーが一か月に一回集まり、オーナーでしか話せない問題や課題をカウンセラーと共にアンリミ哲学(サクセスメカニズム)に照らし合わせて解決していく流れ(合同カウンセリング)があります。

さらにもう一つの横糸として、クライアントオーナー有志が集う、利害を超えた理想(人間共和)の現実化のための『アルカディア』という会があります。アルカディアの会に入るステップとしては、オーナーがアンリミを学び自社が発展していく第1ステージです。次のステップはオーナー自身がカウンセラーとして他社を救って行く利他の行動の第2ステージに入ります。利害を超えた人間共和の同志として、共にアンリミの哲学(考え方や捉え方)を研鑽し、お互いの発展のためにプロジェクトを組んで活動する組織体です。

アルカディア・シェフクラブ

(さらに…)

2021-04-22T14:27:30+09:002021-01-29|

オンライン・カウンセリング

 

目に見えるのは姿、聞こえるのは声・・・

しかし、相手に伝わるのは「思い」

 

アンリミテッドクリエーションは、これまで直接対面でのカウンセリングを行ってきました。

コロナの影響で、直接接触は可能な限り避けなければならない中、

先日、東京のA社様とのカウンセリングをオンラインで行いました。

(さらに…)

2021-04-22T14:28:13+09:002020-04-15|

一念のエネルギー アンリミブログ・アーカイブス

 

「一念のエネルギー」

恩師・鈴木会長が阪神淡路大震災の折に語っていたことを、今思い出している。

東京も関東大震災があり、戦争では東京大空襲もありました。
そして、そのたびに東京は廃墟となった。
今現在、高層ビルが高さを競いながら立ち並んでいる姿は、実は廃墟の中から出来たんです。
私は、神戸も必ずそうなる!と言っている。
報道を見る限り、まさに廃墟です。
それは、宇宙の・・・自然の巨大なエネルギーによって・・・
ただし、人間の一念というのは、自然のエネルギーよりも偉大なんです!巨大なんです!
一人一人が復興を目指そうと言う一念を失わない限り、
過去にも増して偉大な神戸になるだろうと、私は思っている。
一切を破壊する巨大なエネルギーよりも、もっと偉大なエネルギーは、
我々の一念というエネルギーなのです。

実際にその後、驚くほどのスピードで見事に復興を遂げている!
そして今、身をもって体験した関西の人々から、東北地方の被災者に心からのエールが送られている!
全国の方々が、大災難に立ち向かっている東北に対し暖かな声が数多く寄せられている。
世界各国からも”頑張れ日本”との、メッセージが本当に嬉しい。


♪信じる力が貴方を強くするから どんな時も越えてゆける 希望の翼広げ 今手を伸ばして♪
=カノン=

(2011年3月15日 CEOブログより)

2021-04-22T14:29:26+09:002019-09-18|

変えるべきことを変え

 

先日、当社内カウンセラーが東京と郡山の各会場に分かれて研修会を開催。

クライアント様の結果を変えるためには、先ず我々カウンセラー自身が研鑽を怠ってはならないとの考えで、毎月行っています。

 

今回はネットで両会場をつなぎ、弊社パートナー企業2社の代表者から、事業内容、本質的なポイントなどを各1時間ほどプレゼンテーションしていただきました。

内容は「ブランディング」「宿泊業における集客向上」が主なテーマでした。

両社からは、弊社オペレーション事業としてそのサービスを提供させていただいております。

(さらに…)

2021-04-22T14:30:33+09:002019-05-30|
Go to Top