コロナ禍にあって、売り上げの確保、継続的安定化をするために、日夜悩みながら奮闘されていることと思います。様々な施策や現場対応、さらには組織スタッフのマネジメントをされている企業トップの心労は、計り知れないものがあります。

私が、企業インストラクターとして、現場に入る時に何時も意識して見ることは、トップリーダーを中心にスタッフ一人一人が、事業目的を理解し末端のお客様に対して事業目的を現場の知恵として昇華し提供しているのか?との一点を見るようにしています。そこにマネジメントの成否が隠されているからです。そのヒントとして実際にあった事例を紹介します。

参考:社員の意識改革を成功させる方法とは?経営者目線でのポイントも解説!

商圏人口は8万都市。創業から30数年の老舗ホテルです。社員、パートさんを含め約40名弱のスタッフで運営しておりました。その会社に副支配人として赴任しておりました。

そんなある日、営業推進会議で一人の役員から「赴任されて3ヶ月そろそろ結果としての数字を見せて頂きたい」との言葉を投げかけられました。

売り上げアップの為に、営業と企画部門各4名のメンバーで構成されていました。しかし、顧客への商談を実際に担当する営業と、宣伝広告を仕切る企画推進との折り合いが悪く、ちぐはぐな戦略を続けておりました。一人ひとりのメンバーは真面目に働いておりますが、結果がついてこない。私も赴任してから、地域の評判を取材の為にホテル回りの家々5,000軒を取材を兼ねて営業訪問しました。その時の地域の評判は、「こうやって話を聞きに来たのはお前が初めてだ」「お前のところは、何十年も料理のメニューが変わらない、飽きた」「金額の割に食べるものがない」など、不平不満のオンパレードでした。要は、地域の方たちに支えられているのではなく地域から嫌われていたのです。

評判を表すように、企画、営業、施行が一貫しての商品になってはいなかったのです。その本質は、この三つを商品と捉えられないリーダーに一切の原因がある事に気付けていない現状がありました。その事を役員の方に告げると「それを改善する為に、貴方がいるのでしょう」と矛先を私たちに向ける始末でした。

そもそも、いくつかのコンサル会社を導入しても結果が変わらず、困った末に弊社と契約したのでした。

我々アンリミテッドクリエーションの目的は、共々に自己成長し、自走出来るよう現場改革する事です。その役員との対話の中で勇気をもってお伝えしました。「もし私がこの会社を全て仕切るのあれば、あなたはいないほうが良い。貴方は、役員でリーダーです。本来、リーダーが正しいものの見方、考え方、捉え方をし、スタッフに対して感謝の念を持ち接しなかったならば、スタッフは勿論、お客様が感動や満足をするはずがない。私が、この地域の方から教えて頂いたのは、(トップが)お客様の事を解ろうともしないし、聞く耳もないという事です。売り上げを数える前に、お客様の意見、感想を謙虚に聴きそのフィードバックを通して、商品を提供する事こそ大事で、結果としてお客様が支持してくださり、お店が支えられる・・・それが本当の営業活動ではないでしょうか?つまりあなたが求める〝数字〟の変化には、トップの意識改革が必要だということではないですか?」

こんなやりとりを繰り返す中で、徐々に会議の内容もリーダーが気付いた分だけ変化をしてまいりました。

多少の時間経過はありましたが、組織の思想と意思の統一を含めリーダーが求める売り上げ規模を達成できる組織へと変革をして行きました。役職に関係なく意識の変革は難しいものです。

当社では、経験豊かなスタッフが日々各ビジネス現場でクライアント様から寄せられる質問や課題に対して、30年以上蓄積してきた実例を通して考え方の基本と実行のアドバイスをお伝えしております。ご興味がある方は、弊社資料やイベント等で情報をお取りいただいて、お問い合わせいただけたら幸いです。皆様に寄り添いながら、事態解決のヒントをご提供申しあげます。

アンリミテッドクリエーション 大原孝一

 

永遠に幸福でいたいなら他人のために生きよ

トルストイ

(変革の最中、私自身が指針にした言葉です)