無限提言

/無限提言/

不正事件に思う

無限提言124 回 8 月号

不正はどこからでてくるのか

大手自動車メーカーのデータ改ざん、首長の政治資金問題、東日本大震災後の原発 事故に伴う隠ぺい問題。これらは、まさに日本を代表する大企業や期待を寄せたリーダー に関する不祥事でした。こうした世間で話題となっている事件や出来事のニュースに接 する時、よそごとではなく、自身の身近にも起こりうる問題として捉え考えるという習慣 に何時の頃からかなっている。 そして、思うのです。組織であるならば、規模の大小によらず、不正を引き起こす危険 が潜んでいるのではないかと。また、不正はどうして起こるのか? また、なぜ起こるか?  こうした問題の本質は何なのか? と。  そもそも、一人ひとりの思いに、最初から悪意があったのでしょうか。察するに、し らずしらずのうちに見る方向を誤ってしまった結果のように思います。 頭ではスタッフや利用者のことを考えながらも、いつの間にか、会社の存続や業績に目 が行き、スタッフ一人ひとりにおいても、いざという時に、自身の立場や上司の顔色を伺 うようになった結果のように思います。 こうした狂いや誤りは、残念ながら、誰でも、何処でも、いつの時代でも変わらないこ とのように思います。それは、本能的にもっている自身を守る保身と利己、つまりは人 間のもつエゴイズムに行き着くように思われます。  そして、不正を助長する大きな要因に、「言えない」「言いづらい」という問題があります。 上司からの不正の指示に対して、「それは、おかしい」という思いを伝えられない。会 社のためにと現場がやっている不正に対して、「これは、だめだ」と指摘できない。あ るいは、社内の不正を知りながらも誰にも相談できない。 つまり、「情報の遮断」ということが、結果的には、会社を、上司を、自身を苦しませ、 悩ませることになるのです。 情報の共有がなされていないところに、まさに、組織の弊害が様々な形で現れるように 思えてなりません。 健全な組織とは、気付いた人間が不正を指摘し、不正でなくとも何か疑問があれば確 認をし、思うことがあれば相談できる組織なのではないでしょうか。

何をもって企業統治するのか

不正予防、顧客満足、社内のモラル向上、そうした観点から、近年、コンプライアンス(法 令順守)、コーポレートガバナンス(企業統治)というフレーズを耳にする機会が増えて きています。  当然の対策の帰結ともいえるでしょう。しかし、様々なルールやシステム 制度や規 制が重要なことは認めざるを得ないとしても、はたして、法や制度で人間を統治するこ とができるのでしょうか。また、規制やルールで統治しようとすれば、人間関係は希薄 になり、さらには、窮屈になりはしないでしょうか。改めて感じることは、人間愛、人 間尊重、相手中心といった、ヒューマニズムを根本とした哲学が企業統治のベースにな ければ、何をしたところで十分には機能しないということです。  逆に、企業統治のベースにヒューマニズムがあればこそ、事細かな制度や規制を潤滑 にさせ、仲間を仲間として率直に語り合い、マイナスの情報をも共有し、改めるべき方 向へと共に行動するのではないかと思うのです。つまり、ヒューマニズムの心をいかに 育んでいくかという視点を見逃してはならないと思うのです。是非とも、互いが互いを 助け合い、励まし合い、補い合う組織づくりを目指したいものです。  以前、創立者鈴木会長は、懇談のなかで「今の大企業は昔、下請けを泣かせるよう なこともしてきただろうし、規則に沿わないこともしてきたはずだ」と。 つまり、どんな大企業もはじめは零細企業で、なんとか会社を発展させよう、成長させ ようとするプロセスのなかには、今でいう『ブラック』と言われることがあったのかもし れないと。しかし、このままではいけないと気づき、自ら是正してきた結果として、社 会から信用される企業になったのではないでしょうか。  そこで大切なことは、図らずも社内の不正が発覚したならば、素直に非を認め、大胆、 かつ積極的にヒューマニズムを根幹とした組織に改めることです。そうした『潔さ』が 私たちに問われていることだと思います。

img_5817bd1b443eb

2016-08-01|

なぜ個人面談をするのか

無限提言123 回 7 月号

思いを整える

アンリミテッドではクライアントに対し、スタッフとの一対一の面談や対話を促すことが少なくありません。一般的にも、社員の目標管理や実態把握などのために個人面談がなされていることが多いようです。そこで、なぜ一対一の面談や対話をするのか、また、どういう面談・対話をするとよいのか、改めて確認したいと思います。 さて、会社組織は、考えも価値観も一人ひとり違う様々な人間の集まりです。ですから、多くの企業では、大小の会議を通じ、目標や施策を共有し同じ方向へと向かうようにしていると思います。けれども実状は、会議が終われば、本当は反対だった人、意見を言えずにいた人、やる気を失った人、あるいは、勘違いや捉え違いをした人など様々あるのではないでしょうか。 そこで大切なことは、そうしたバラバラな思いを拾い集めて、思いを整えていくことです。仮に、「会議で決めたことだから」と一方的に押し付けたのでは、表面的には決めた通りに動いたとしても内実は上手くいかないものです。 思いを整えるとは、会社の意向に従わせるためということではなく、スタッフの思いや捉え違いをしっかり受け止めたうえでスッキリした状態にすることです。それには、個別の対応がどうしても必要になってくるのではないでしょうか。 要するに、会社の方針やリーダーの思いを一方的に伝えるばかりでなく、スタッフ一人ひとりが何をどう考え、どう思っているのか等々、様々な対話をすることがとても大切なことだと思うのです。

同じ仲間として

個人面談をする際のテーマは、意思の統一の他にも、スタッフ育成、スタッフを知る、信頼関係づくり、様々あると思います。そこで思うことは、日頃の会話も少ない状態で個人面談をしても、どれだけ本当の思いを語ってくれるのでしょうか。あるいは、思いを伝えたところで、どれだけ本気で受け止めてくれるのでしょうか。 実は、面談をするからスタッフのことをよく知るのではなく、仲間としてもっとよく知りたいという一人の人間に対する関心があるから、知ることに繋がるのではないでしょうか。また、仲間として一緒に頑張ろうという思いがあるから、思いが伝わるのではないでしょうか。 危惧するのは、興味も関心もない状態で形ばかりの個人面談をすることです。話しやすい表面的なことだけを聞いてスタッフを知ったつもりになったり、要望や現状を聞くふりをして最後には思っていることを押し付けたり、あるいは、目標や課題に対する正論を説いて自分一人だけが満足したりと、無意識ながらも、そうしたことが往々にしてあるように思います。共に働く仲間を、商品をつくる技術力、販売やサービスをする労働力、売上を上げる人員、要は会社組織の歯車と見てはいないでしょうか。一人ひとりを生身の人間として見ることがとても大切なことだと思います。 改めて言いますと、個人面談という形式が大切なのではなく、同じ仲間としての対話が大切なのです。問題を抱えているようならば話を聞き、行き違いがあるようならば話し合うというような、常日頃の対話です。チームワークや組織力が大切なことはみんなわかっています。しかし、お互いのことを理解せずにチームワークを発揮できるのでしょうか。業務上の連携や報連相だけでチーム力を発揮できるのでしょうか? ともすると、業務優先になりスタッフとの対話が不足するものです。お互いに理解し合う対話や思いのギャップを埋めるような対話が日常的になされることが大切だと思います。

img_5817bd1b443eb

2016-07-01|

生き生きと蘇らせるリフレッシュ

無限提言122 回 6 月号

リフレッシュの中身

リフレッシュすることの大切さは誰しも感じていることと思いますが、スタッフをリフ レッシュさせることは、意外と難しいことのように思います。  一般的にリフレッシュは、セルフコントロールの一環として各自がプライベートの時間 にするものと考えられています。けれども現実は、仕事を休むことで意気揚々と元気に なることがある一方で、休んだところで心は休めない場合もあるのではないでしょうか。 つまり、セルフコントロールでリフレッシュすることもあれば、なかなかできないことも ある、その両面を考える必要があるように思います。  辞書にはリフレッシュを「元気を回復すること」「生き生きと蘇らせること」とあります が、創立者鈴木会長は、こう表現したことがあります。「どんなに性能のよいエアコンも、 フィルターが目詰まりしていれば、本来の性能を発揮することはできない」と。 エアコンの場合にはフィルターを掃除すればよいのですが、人間の場合にはどうすると よいのでしょう。また、何が目詰まりするのでしょう。  思うに、単に疲れだけではない、悩みや心配事、プレッシャーや迷い、あらゆるもの が詰まっている状態から、本来の元気な状態に回復すること、それが望ましいリフレッ シュだと思います。  私が地方の結婚式場の総支配人を任され、休みもとらず現場改善に悶々としていた頃 のことです。鈴木会長は言うわけです。「東京にこういうレストランがあるから食事でも してきなさい、参考になるかもしれない」と。  結果、レストランへ行きリフレッシュするわけです。質の高い料理とサービスを体験す ることによって現場改善の糸口をつかみ、且つ、会社から離れることによって現場の閉 塞感から脱するよいきっかけとなりました。まさに、生き生きと蘇ったのです。それは、 休めと言っても休みそうにない私への会長流の心配りだったように思います。  要するに、リフレッシュするには、より意欲的になるような中身が伴うかどうかが大 切なのではないでしょうか。

心の草取り

たとえば、花見や忘年会、社員旅行や社内レクレーションなどもリフレッシュの一つ だと思いますが、そのような場面で鈴木会長からよく言われていたことがあります。「楽 しんでいる人たちよりも浮かない表情をしている人に目を配りなさい」、「参加した人より も、参加しなかった人のことを思いなさい」と。  つまり、全体として盛り上がっているかどうかだけではない、一人ひとりに対する心配 りがあるのかどうかが、微妙な違いを生み出すのではないかと思います。たとえば、「楽 しかった、けれども明日から仕事か・・・」となるのか「楽しかった、明日からさらに頑 張ろう」となるのか、というような。  また、会長はこうも言っていました。「日頃から、心の草取りをしなさい」と。つまり、 不満があればよくよく話を聞いて不満を抜き取り、不安があれば寄り添い、迷っている ならば迷いを断ち切るような激励をする。たとえ特別なことはしてあげられなくとも、な かなか言えないような胸中を吐露することができたならば、それは心の草取りに繋がる ように思います。そうして雑草を丹念に取り除いた分だけ、「何か吹っ切れました」、「や る気がでてきました」というような状態に繋がるのです。  要するに、一人ひとりに対して本当に丁寧に対応することです。どこに悩みがあり、 何を苦しみとしているのか。自分が直接関わるのがよいのか、幹部に関わってもらうの がよいのか、あるいは、どうすれば違った角度から物事を考えるきっかけになるのか。 また、どういうシチュエーションならば話しやすくなり、食事ならば何が喜ぶのかと、心 を砕き、心を配って、心を尽くすことです。  日常、苦しみが鬱積していたのでは、休暇を提供しようが、楽しめるイベントを提供 しようが、何をしたところで、結局、『生き生きと蘇る』ようなことはないように思いま す。それどころか、「もっと自由な時間が欲しい」「社内行事は義務ですか」というような、 一見もっともらしい不平不満がでてくるように思えてなりません。  苦しみをどれだけ抜き取ることができるのか、それがベースにあってこそリフレッシュ するのではないかと思います。目に見えないところに実は本当に大事なものがあるよう な気がします。

img_5817bd1b443eb

2016-06-01|

思うようにならない人

無限提言121 回 5 月号

どういう思いをベースにするのか

思うようにならない人を「なんとかしたい」と試行錯誤されている方は多いと思います。 けれども、何回言っても聞かない、変わらない、そればかりか反発される等々、なかな か思うようにならないことが多いものです。結局は、「何を言っても無駄だ」と諦めたり、 「本人が気づくしかない」と関わることを避けるようにもなるのではないでしょうか。心 中を察するに、相当な苦悩や葛藤があるのではないかと思います。  思うに、そもそも人は思い通りにはならないものなのではないでしょうか。自分自身 すら思うようにできないことが多いのではないかと思います。つまり、「思い通りになら ない」、その認識が先ず大切なことだと思います。  その上で、結論的には、人間尊重・相手尊重の思いに立つことが大切です。確かに、 「なんとかしたい」と思うその多くは、決して自分のためではないでしょう。相手のため、 お客様のため、あるいは、みんなのためだと思います。  ところが実際には、相手にわかって欲しいという『自分の思い』が強くなってはいない でしょうか。つまり、相手のことを思っていても、自分優先になってはいないでしょうか。 「なんとかしたい」という思いをベースにするのか、相手を尊重しようという思いをベー スにするのかによって、すべてが違ってきます。  たとえば、「何回言っても聞かない」と相手を問題にするのでなく、「何回か言った程 度ではまだ足りないのだな、もう少し工夫をしよう」と自分の問題として捉える。また、「こ うして欲しいけど、どう思う?」「この日までだと助かるけど、どうだ?」と、相手の思い を尊重したうえで、こちらの意向を伝えるというような違いになるのではないでしょうか。

思いと伝え方

あるリーダーは、「相手の思いを尊重し、自分の思いをしまい込めばよいのでしょうか」 と。そういうことではありません。リーダーとして言うべきことは言うし、指示も注意も アドバイスも、やるべきことはやります。  また、あるリーダーは、「相手によっては言いづらいです」と。言って変わるかどうか は相手の問題ですが、言うかどうかはこちらの問題です。  さらには、「言うべきことを言えば、さらに頑なに拒否されそうです」とも。  こちらの思いが上手く伝わるかどうかは、自分自身の課題です。つまり、思いと伝え 方の両方が大切です。相手を変えたいという『自分』が強ければ、話し方や話す場所を 変えるなどの工夫をしたところで、相手には入りません。かといって、思いは正しくとも、 的外れなやり方では、上手くはいきません。

相手の思いを叶える

思うようにならない人とどう向き合うとよいのか。哲学的には、相手の思いを叶えた分 だけ、相手はこちらの思いを叶えてくれる。これは本質です。 思いを叶えるとは、今ある具体的な要望に応えるばかりではありません。実際には、思 いを受け止めることが相手の思いを叶えることになるとも言えます。 言ってもやらない、何か言えば反発する等々の問題は、よくよく話を聞けば、指示に不 満がある、よかれと思い指示と違うことをしている、能力や経験が不足している、ある いは、素直に聞けない要因が他にもある等々、様々な事情があるのではないでしょうか。 つまり、相手の思いを受け止めようともせずに、人を動かそうとしても、なかなか難し いのではないでしょうか。あるスタッフのことで顧客からクレームが入り、注意した時のことです。そのスタッフは、 「ハイ」と返事をしますが、なかなか改善しません。それで再度、話すと、「自分として はこういう思いでやっていました、私は悪くない」と怒るわけです。なので今度は、その 思いを聞くようにしました。結局、思いをすべて吐き出してはじめて、納得するわけです。 要は、思いを吐き出した分しか、こちらの思いは入らない。相手には相手なりの言いぶ んがあるわけですから。  指示に反対するつもりはなくとも、「そうは言っても・・・」「でも、現場は・・・」「私 としては・・・」というような思いがあれば、その分だけ自然と行動は鈍くなるものな のではないでしょうか。  最後に、哲学の実践とは、一回で何か劇的に変わるというようなことはありません。 何度も何度も、相手と向き合いつづけるなかに変化というものが起こってくるのです。 ある意味、変化するまでやりつづけることが物事に取り組む姿勢とも言えます。そのプ ロセスの途中で諦めないことが大切だと思うのです。

2016-05-01|