新・無限提言 ~希望の明日へ~

ホーム/新・無限提言 ~希望の明日へ~/

一人ひとりの働き方

いよいよワクチン接種がスタートしました。長く続くコロナ禍の事態収束にむけた方向性がぼんやりと見えてきたのではとの印象です。とはいえ、実際のところ経済活動は停滞したままの状態で、特にサービス業全般では厳しい状況が続いているのが現実です。大きな変化として、働き方が変わってきました。リモートワークは勿論ですが、それが出来ない業務内容の会社であっても、例えば、就業時間や休みの取り方、ミーティングの開き方、営業スタイルも変わってきているのではないでしょうか?

最近多く寄せられるのが「コミュニケーションの取り方が難しくなった」という内容です。フェイスtoフェイスであればこそできた、意志の疎通や指示、各自のモチベーションの維持が困難になってきているということ。

今回は、3年ほど前(2017年)に出した本コラムの一つから、一人ひとり違う〝働き方〟に焦点を当てて、その本質を考察して参ります。

 

働く目的

ある企業では、定時になると職場の一斉消灯がはじまる。「働き方改革」が世間で声高に叫ばれています。少子高齢化を見据えた労働力の確保として、長時間労働の是正、労働生産性の向上などが改革におけるテーマとして挙げられているようです。
“働き方”とは、そもそも時代と共に常に変化するものであり、対応せざるを得ません。しかし、リソースの限られている中小零細企業にとっては、行政の指導に沿った改革は実に難しい。それでも、できる限り精一杯の対応をしている。だが、求められるのは時代の要請であり、そこには現実の矛盾と葛藤があります。
その上で危惧するのは、どう対応するのかを第一の課題としがちなことです。時代の変化のなかで、“自分たちに問われていること”と“対応”は別々なのです。一例を挙げれば、対応面では、給与(評価)や労務システム、就労体制やその為の環境整備など。中にはすぐに変え難い問題もありますし、分かってはいてもできないという問題もありますが、対応していかなければならない課題です。

その一方で、対応面ばかりを追求すると、働く意味や意義をどうしても見失いがちになってしまいます。仕事を始めたときには、やる気も熱意もあるのですが、そのモチベーションは知らず知らずと失ってしまう。終には、“作業”だけが残ってしまうと苦しくなり、自分自身を追い詰めてしまいます。離職率が高い職場にはこういった傾向が有るように思います。

私たちは、様々な“対応”と共に“問われていることは何なのか?”との認識を深めることが大事になってきます。

つまり、「何のために?」という目的観が一切の起点になります。しかしながら、一人ひとりの価値観は益々多様化し、仕事観や人生観と云っても様々です。やはり根本の問題は、スタッフ一人ひとりの目的観と企業の目的観が、互いに共有されているかどうかではないでしょうか。
そこで、求められることは、スタッフ一人ひとりとの対話や社内教育を通し、トップリーダー自身が目的観を問い続けること。例えば、仕事とは手段であり目的ではないと。また、働くとは“はた楽”であり、“はた(そば)の人を楽にする” ことと、私自身も目的観を教えてもらいました。こうした目的観の共有がなければ、お互いがストレスになり、いずれ大きなひずみを生み出してしまうと思います。

 

楽しむため

それは、決して押し付けやコントロールではありません。また、スキルアップのための社内教育でもありません。どこまでも、本人のための目的観を育む。「この仕事は、そもそも何の為?」と問いかけていく。日本の学校教育においては、目的観の教育は不十分だと思います。また、それは難しいことでしょう。だからこそ、トップリーダー自身が働く目的を問い続け、追求する。そして、タイミングをみて、相手を想い、ことあるごとに目的について語り合う。こうして、そもそも何のための仕事なのだと一人ひとりが目的を持つことで、自然に環境や状況に応じて、頑張れます。

思うに、苦しむために生まれてきたのではない、楽しむためだと。これも目的観です。つまり、いろんなことにチャレンジしてみることや、苦しいこと、困難を全て楽しんでしまえと。私自身も、ことあるごとに言い聞かせ、切り替えています。「嫌だな」と思う自分から、「楽しもう」と。こうした捉え方を持つことで、自己感情を切り替えるのです。自己感情を哲学優先に切り替えるスイッチを持たなければ、苦痛の渦に飲み込まれてしまうと思うのです。

たとえ困難な状況でも前向きに捉え、あきらめずに乗り越える。そこにトップリーダーとしての醍醐味、人生としての醍醐味もあるのではないでしょうか。働き方改革を世間が注目すれば、注目するほど“なぜ、何のために”という使命感や目的観が、とても大事になると思います。仕事における喜びや、やりがいによって、プライベートの充実も共に図る“働き方改革”でありたい。

ーーーーー

先日、弊社内のある会議で「もっと夢を語ろう!」と話す場面がありました。このコロナの状況下で・・?との思いが頭をかすめる一方で、今日・明日を思い、汲々とした近視眼的になっている自分に気付かされました。確かに現実は厳しい。分析も対策も大事。だからこそ将来を切り開く、モチベーションとなる『夢』が大事なのかもしれません。決して遠視眼的になるのではなく、正視眼で物事を捉え、現実を見つめるためにも、夢を語りながら今この現実と戦って参りたい、「何のために」と。

2021-06-04T17:15:45+09:002021-06-04|

営業力を強化する

このコロナ禍にあって、接触を控えなければならないときに営業!?と思われるかもしれませんが、今回はあえて「営業」をテーマに本コラムをお届けしたいと思います。

これまで、新たな顧客との接点の機会として、例えばイベントや展示会などがあげられますが、コロナ禍にあっては以前のような効果が期待できる状況ではないと思います。これまで訪問営業を中心に、所謂〝足〟での営業活動をしてこられた皆さんにとっても危機的状況が続いております。

一方で、デジタル化の波は年々大きくなり、顧客の6割は直接の商談や購買以前の段階において、デジタル情報から取捨選択しているとのデータもあります。コロナによって大きく様変わりしたビジネスシーンにおいて、私たちはどのように変革を進めていけばいいのでしょか?

 

主体性を持つ

少し前によく言われた“映える”という言葉が象徴される様にInstagram やLINE、facebookなどのSNSによる影響力は小さくありません。IT社会である現代においては、インターネットを活用した発信や告知、そして、口コミが営業活動の最前線として展開されています。ITの力を駆使することで、さらに多くのお客様に自社が認知されるかもしれません。

しかし一方で、商品やサービスが良くなければ売れない。また同様に、新製品やキャンペーンなどの企画、実際に来店して感じる店舗、担当するスタッフと、これらも良くなければ、お客様は他を選んでしまいます。
思うのは、『営業力』のなかには、IT、商品、企画、店舗、人間と様々な力が含まれているということです。つまり、『営業力』とは様々な力を持った『総合力』なのではないでしょうか。

しかし、営業という概念の中に、外に出て交渉すること、あるいは、情報発信と集客だと偏ってはいないだろうか。店舗スタッフによる一つの電話対応でお客様を失ってしまっても気づかない。それでは、懸命に契約を獲ろうと広告費を費やしたり、プロモーションをかけたり、外に出ても空しいばかりです。他の大事なものにも目を向けなければ、行き詰まってしまい、結果には繋がらないと思います。
そこで自分たちのIT力、商品力、企画力、店舗力、人間力は?とそれぞれ見つめ直し、強化することです。それでもトップリーダーは皆、それぞれの専門家ではありません。専門的な知識を持つ会社や人にこちらの想いや熱意を伝え、自分たちに不足している力を取り入れる。その際大事なことは、こちら側が専門家に振り回されてはいけません。大事なのは“専門家を使いこなせる我々”になることです。

つまり、こちら側が主体性を持つことなのです。“任せる”のではなく“使いこなす”。すなわち、専門家の力を借りて、最終的な判断はトップリーダーがしなければいけません。

実行段階にあっては、その主体性の中身には、トップリーダー一人では全てができないからこそ、社内外の人(他)の力を借りるという謙虚さも大事だと思います。そこには信頼という裏付けが非常に重要になってくることも添えておきたいと思います。

 

熱意は伝播する

それでも、その専門家が身近にいない。もしくは、資金に余裕がないから難しいという場合もあるかもしれません。しかし、主体者としてトップリーダーが熱意を持って営業力を強化すれば、その熱意は伝播し、色んなカタチに表れます。

随分昔の話ではありますが、私がある結婚式場に総支配人として赴任して間もない頃。当時、私は結婚式の企画と言われても分かりませんでした。そこで、他の各式場の企画を皆で収集し、全てを実行しました。今と違ってインターネットや雑誌媒体が豊富にある時代ではありませんでしたので、手分けして〝マンパワー〟で情報を集めました。情報を収集する中で、それだったらウチはこうやろう!もっとこうした方がお客様に喜ばれるはず!!と内部の盛り上がりも次第に高まっていきました。何とか喜んで頂こうと企画力や商品力、店舗力と、色々なところから取り入れて他にはない結婚式場のカタチができました。

そうした過程には、失敗やクレームもありました。しかし、満足して頂こう、喜んで頂こうという熱意は歓びや感動を生みだし、それはやがて勢いにもなりました。そして、さらに、熱意が冷めないように色んなことを変え続けました。それは、くたびれることでもありますが、変えた分だけ様々な反応があり、楽しくもあります。また、何より熱意を持続させるエネルギーになるのです。

熱意がなければ、たとえ色んなことをやっても、失敗も成功も味わえない。また、失敗やクレームを恐れ、スマートにそつなくこなすことで伝わるものがなければ“横並び”となってしまいます。大事なのは、「驚き」や「斬新さ」です。そして、リアリティある人と人との関係性です。

先に述べたように、いま世の中はデジタルに埋め尽くされている感があります。デジタルの弱みは、味覚と嗅覚、触覚に訴求できないこととある識者が話しておりました。どこか人間不在を感じさせます。接触を避け、飲食・アルコールも控え、三蜜は厳禁。感染を拡大させないため当然のことです。一方で、和気藹々(あいあい)とした懇親の機会や、思わず生唾を飲むような料理の味や香り、真剣かつ温かな友情あふれる対話の時を渇望しているのは、私一人ではないと思います。コロナ禍に有っては我慢の時ではありますが、正直そう思っています。待ち遠しくもあります。

話が営業から少しそれてしまいましたが、私たちは、熱意を持って、机上ではなく現場に立たなければ活きた営業力は生まれません。是非とも商売と云うか仕事の原点を見つめ直し、いずれ必ず収束するコロナに絶対に負けないで、様々なリソースを使って、他にはできない営業力を追求し続けてまいりたい。その弛まぬ努力の継続の中で、最近よく耳にする「推し」を獲得できるようになるのではないでしょうか。

2021-04-06T17:46:29+09:002021-04-01|

コロナ禍で求められる実践~個人面談・1on1ミーティング~

コロナ禍の影響で、この一年、テレワークや在宅勤務が随分とひろがりました。通勤や営業訪問の移動時間が短縮できたなどの利点もありますが、その一方でチームビルディングや個々人の業務管理という面ではとても難しいとリーダー職にある方々から多く声をいただいています。

また、緊急事態宣言下にあって、時短営業や休業せざるを得ない、例えば飲食、サービス業の職場では、身体的な距離とともに、サービスの質を維持する上で大切な個々人のモチベーションやエンゲージメントの維持が難しくなっています。経営の継続含め不確実な今後に対するストレスも小さくありません。

ー新無限提言「ストレスのなかに生きている」参照ー

これは、コロナ以前からも実はあったことで、急激な環境の変化によって顕在化したと見ることもできますが、いずれにせよ、自分自身を含め人間のマネジメントは、どのような環境であれ難しいものです。

今回は、以前に取り上げた「個人面談(One on One)」に関するコラムを再確認して、その打開の道を探って参りましょう。

(さらに…)

2021-06-04T17:19:44+09:002021-02-02|

新たなる挑戦

ミッションが支えになる

 

コロナウィルス、自然災害など様々な苦難に苛まれた2020年が終わり、新たな年がスタートしました。今年こそは!と決意新たに、希望を胸中に抱いて「行動」を開始されたことと思います。

新年や期の初めに、多くの企業では経営方針発表会やキックオフ・ミーティングと称した式典を催し、全体像であるビジョンや新たな目標を掲げることでしょう。私たちアンリミでは、毎年1月に“新発式”と称し、毎回大事に行ってきました。スタッフが集い合い、新たな決意を起こすための式典です。

(2021年の開催は会合形式の開催は避けオンラインでライブ配信をさせていただく予定です。)

クライアント様の中には、この“新発式”を見て、自社でも開催されているようです。最近では、弊社とご縁のない会社様も同じ名称でのイベントを行っているようで、各所に広がっていることに嬉しく感じております。

この式典で、私たちがこだわっていることは“ミッション(使命感)”です。ビジョンや目標を支える“ミッション”です。つまり、“何のために”ということを共有することであり、一人一人にその自覚を促すことでもあります。

(さらに…)

2021-06-04T17:16:30+09:002021-01-03|

ストレスのなかに生きている

相談できる人

久しぶりの本コラムとなります。各方面から「無限提言は?こんな時こそのアンリミでしょ!」とお叱りの声も聞こえてきます。我々を思って言ってくださっていると有難くお伺いし、机に向かい筆をとらせていただきました。(実際にはパソコン入力ですが・・)

新しい生活様式が叫ばれる中、いま、コロナ第3波が襲ってきております。このほぼ10か月間、不安と恐怖、そして諦めにも似た自身の内面と必死に挑戦してきたというのが率直な心情です。「前年比○○%ダウン」「時短営業要請」「感染者過去最高」・・テレビやネットを開けば、こういったニュースばかり。当事者でなくとも、否、当事者であれば当然のこととして心が折れてしまう。私たちの内面に蓄積したストレスも、計ることはできないものの、相当なものであろうことは想像に難くない。

(さらに…)

2021-06-04T17:17:26+09:002020-11-20|

覚悟を深める

非常時に問われる

新型コロナウイルスで亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被患された皆様に心よりお見舞い申し上げます。また、経済の落ち込みにより影響を受けられている経営者はじめスタッフの皆様には一日も早い回復を望んでおられることと思います。

皆様には決して負けないで欲しい、そう願ってやみません。

(さらに…)

2021-06-04T17:18:01+09:002020-04-01|

諸問題と向き合う角度

環境の中心にいるのは自分

経営現場には資金繰り、売上、経費削減、スタッフ育成と様々あります。そして、それらの問題解決へと手を尽くすものの、なかなか思うようにならない。資金繰りに目途がついた矢先にスタッフが問題を起こし、売上が上がったかと思えば取引先との問題が出てきたりと、実に多くの問題に悩まされます。そして、一見、順調に見える企業であっても、トップリーダーの内面は苦悩の連続であることが多いように思います。

(さらに…)

2021-06-04T17:20:19+09:002020-03-01|

出会いを引き寄せる

正直に生きる

日本では、古くから一月を睦月(むつき)とも呼ぶ。
その由来は、親類や知人が互いに往来し、仲睦まじくすることから“睦び月”となった説があります。
たしかに一月は、プライベートや仕事でも、人が集まる機会が多いのかもしれません。

今月開催される“新発式2020”においても、出会いを楽しみに参加する方もおられると思います。実際に、「新発式での出会いが起点になった」との声も。
誰もが良い出会いを望み、求めている。
しかし、出会いばかりは、計算尽くでは生まれません。
思うに、自分自身の『生き様』によって出会いは生じる。正論ではなく体験的な結論として、そのように思います。

(さらに…)

2020-02-06T18:02:04+09:002020-01-01|

一歩が踏み出せない時には

 

晴れた日は晴れを愛し、雨の日は雨を愛す

変化しつづける時代のなかで、将来の展望が見いだせずに迷い、失敗や失うことを恐れ、上手くいくかどうかと躊躇し、あるいは、今やっていることに対する信念が揺らいでしまう。『一歩が踏み出せない』という方は少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

一般的には、「理想や希望を持って」、「自分を信じて」、「逆境こそチャンス」、等々、気持ちを前向きにすることが大切だと言われています。しかし、現実には、状況が厳しければ厳しいほど、「理想なんて言っていられない」「夢なんて見る余裕もない」「失敗するわけにはいかない」というのが正直なところのように思います。また、なかなか思うようにならない現実を前に、どうしても妥協や諦めの気持ちが起きてくるものなのではないでしょうか。

(さらに…)

2020-01-09T17:59:59+09:002019-12-01|
Go to Top