新・無限提言 ~希望の明日へ~

ホーム/新・無限提言 ~希望の明日へ~/

新たなる挑戦

ミッションが支えになる

 

コロナウィルス、自然災害など様々な苦難に苛まれた2020年が終わり、新たな年がスタートしました。今年こそは!と決意新たに、希望を胸中に抱いて「行動」を開始されたことと思います。

新年や期の初めに、多くの企業では経営方針発表会やキックオフ・ミーティングと称した式典を催し、全体像であるビジョンや新たな目標を掲げることでしょう。私たちアンリミでは、毎年1月に“新発式”と称し、毎回大事に行ってきました。スタッフが集い合い、新たな決意を起こすための式典です。

(2021年の開催は会合形式の開催は避けオンラインでライブ配信をさせていただく予定です。)

クライアント様の中には、この“新発式”を見て、自社でも開催されているようです。最近では、弊社とご縁のない会社様も同じ名称でのイベントを行っているようで、各所に広がっていることに嬉しく感じております。

この式典で、私たちがこだわっていることは“ミッション(使命感)”です。ビジョンや目標を支える“ミッション”です。つまり、“何のために”ということを共有することであり、一人一人にその自覚を促すことでもあります。

 

しかし、どうしても使命感・ミッションというと、少し窮屈に感じられるのかもしれません。

私が結婚式場の総支配人として現場を指揮している時に、アンリミ創立者から、

「皿洗いをされているパートさん達がいなかったら、どうする?」と問いかけられたことがありました。私は率直に

「困ります」と応えると、

「では、その方々に日頃、何と声を掛けているんだ?」と、さらに聞かれる。私は、

「・・・ご苦労さまです・・・と。」 そこで創立者は

「それは労いだけれども、皆様がいないと立派な披露宴も、華やかなお食事や感動の提供もできないのです」と伝えるのだと指導されました。

つまり、この仕事は単なる皿洗いではないのだと。それから、パートさん達を自宅まで送る時や、休憩時間にお茶を飲む場面で、そのようなことを飾らず、素朴に、私は伝えてきました。そうすると、まさにモチベーションが上がってくるのを感じました。

 

大事なことは『どんな仕事でも、どのような立場であろうと、誰かの役に立っている。役に立っていない仕事はない』ということです。

全ての仕事、全ての人には、かけがえのないミッションが必ずある。自らがミッションを発見し、自覚することで、日常生活にも、仕事にも、更なる喜びや充実感が生まれると思います。それにより、また一歩前進できる。そのことを先の指導の中では実体験しました。

 

 

持つべきプライド

 

そこで思うのは、全てのスタッフそれぞれにミッションを自覚することが望ましいことではありますが、なかなか難しいことも現実です。イソップ童話“三人のレンガ職人”※にあるように、仕事に対する捉え方や考え方は三者三様です。(※書籍「経営の人間学」15ページ参照)

しかし、自分の仕事に対する“プライド”あるいは“誇り”があれば、同じことを同じようにやっても結果は同じとは限らないのではないでしょうか。

 

一言で“プライド”と云っても様々です。

前述した結婚式場は、選ばれない理由のほうが簡単に見つかるような結婚式場でした。その営業先にて「なぜ、おまえの結婚式場で式を挙げるのか?」と言われる。そこで私は、「新郎新婦を想う気持ちはどこにも負けません!他よりも良い結婚式にします!」と。

これしかありませんでした。もちろんその裏付けとして、他式場がやらないことや自分たちがやれること、それら全ての実践もしていました。

そうして、テクニックではない熱意や、自分に偽りのない想いがプライドとなり、それが相手に伝わる。

そして、「あなたに任せます」となりました。

つまり、私たちが持つべきプライドとは、ヒューマニズム溢れた利他スピリッツであり、周りの人々の幸せの現実化を強烈に想い続ける自分です。

また、立場ではなく職業人、社会人、一人の人間としてのプライドです。

しかし、それは単なるお人好しのプライドではいけません。仕事における能力面も磨きながらも、正しい哲学を学び続ける。これら両方の裏付けがあるプライドが大事なのではないでしょうか。勿論、簡単な事ではありませんが・・・。

 

こうした“プライド”という実体が存在すれば、たとえ環境が厳しくなっても、めげないで何とかしようとなります。また、次々と手を打てる。

しかし、反対にプライドが弱い、または、欠如しているならば、全てに躊躇し、ネガティブになってしまうばかりです。

 

2020年はコロナウィルスによって私たちの日常は大きく変わってしまいました。今後もウィルスやその経済的な影響を無くすことはできないのかもしれません。しかし、私たちにしかない「ミッション」や「プライド」までも奪い去ることはできません。

 

私たちは、このような時だからこそ、これまでにもまして正しい哲理を学び続けると共に、本質と現実の両面において“新たなる挑戦”をして参りたい。その一人の姿こそが「希望」を生み「勝利」へと繋がっていくものと確信しています。

 

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

2021-01-03T11:06:00+09:002021-01-03|

ストレスのなかに生きている

相談できる人

久しぶりの本コラムとなります。各方面から「無限提言は?こんな時こそのアンリミでしょ!」とお叱りの声も聞こえてきます。我々を思って言ってくださっていると有難くお伺いし、机に向かい筆をとらせていただきました。(実際にはパソコン入力ですが・・)

新しい生活様式が叫ばれる中、いま、コロナ第3波が襲ってきております。このほぼ10か月間、不安と恐怖、そして諦めにも似た自身の内面と必死に挑戦してきたというのが率直な心情です。「前年比○○%ダウン」「時短営業要請」「感染者過去最高」・・テレビやネットを開けば、こういったニュースばかり。当事者でなくとも、否、当事者であれば当然のこととして心が折れてしまう。私たちの内面に蓄積したストレスも、計ることはできないものの、相当なものであろうことは想像に難くない。

これまでも、ビジネス現場において、過度なストレスに心が病んでしまう方々に対し、国はメンタルヘルス不調者の予防策として、ストレスチェック制度を義務化するまでになりました。この制度は、経営者と本人に、ストレスの軽重を気づかせ、職場改善につなげる目的があるようです。
どうしたらストレスが解消されますか?その対処法は?と。どうしても話は、ストレスそのものが問題となりがちです。
そこで、先ず大事にしたいことは、私たちは、平時においてでもストレスのなかに生きているという認識を持つことだと思うのです。そもそも地球上に存在する限り、常に重力というストレスがかかっています。飛躍しているかもしれませんが、生きていれば、必ずストレスはあります。つまり、ストレスのなかに生きているのです。
しかし、実に厄介なことは、人が感じるそのストレスの程度は、一人ひとり皆違う。それぞれに違うストレスを抱え、生きている。そこが難しい。今回のコロナの問題でも、人によって捉え方に違いが有る。一見やり過ぎと見えるほどに防御策を講じる方もいれば、それ程気にしていない方も。どちらが良い悪いを言いたいのではなく、一人ひとり違うということに対し、互いの関係性においてもストレスをより生じやすくなってしまっている。人は、ストレスによって鍛えられもするが、ストレスに耐えられる限界値もあります。本人にとっての過度なストレスは、病や事故をも引き起こしかねません。
また、落とし穴もあります。それは、感染拡大防止のために本人としては精一杯頑張っている。感染を恐れ人との対面、接触を避けることにより、結果、自分を客観視できなかったり、自分自身を見失ってしまうことです。

そこで大事になるのは、「相談できる、話せる人の存在」です。あの人には本音で話せる、本気で受け止めてくれるという存在は、極めて大事になります。本人が持つストレスは周りから見えないし、特定もできません。自分自身が苦しい時に、心が折れそうな時に、何でも相談できる存在を身近に置くことです。そうすれば、現実のストレスはなくなりませんが、自身の内面にあるストレスが緩和できるのです。人と人の距離(ソーシャルディスタンス)は作らなければならない今ですが、心と心の距離まで作ってしまってはいけないと思うのです。

今回のコロナで、デジタル化が進みました。技術の進化は目覚ましく、今ではどこに居ても直ぐに、このPCやスマホを通じて対面できるのですから活用しない手はありません。(と言っている私自身、実はWEB会議等慣れないのが実情なのですが・・)あらゆる手段を使って、普段にも増して共有、連携、更には心の交流を大切にしていくことが益々重要と感じます。

 

持つべきストレス

相談できる人の存在。そうはいうものの、本音で相談できる人、支えとなる存在がいない。そこで、どうすればよいのかと思われるかもしれません。
ここで、やはり“聞く”ということの大切さを確認しておきたいのです。私たちは、親や先生、人生の先輩から様々なことを聞いて教わり、育てられました。聞くことで、成長をしてきました。しかし、年齢を重ねるにつれ、次第に自ら聞くことが少なくなってしまう。聞いて、成長してきたのに、聞かなくなれば、成長も止まってしまいます。実は、この素朴に“聞く”ということは、自身のキャパシティを開き、拡大していることでもあるのです。同時に、自己感情中心の自分から、相手感情優先への挑戦ともなっているのです。

日常の現場でいえば、例えば、遅刻してきたスタッフがいるとします。頭ごなしに「何やっているんだ!」と叱る。一方、先ずは「何かあったのか?」と聞く。これは、大きな違いです。
とかく、自己感情を優先すれば、ある意味自身はスッキリすることも、一時的には有るかもしれません。が、相手に余計なストレスを与え、結果、より大きなストレスが我が身に返ってきてしまう。つまり、私たちは自己感情をコントロールし、相手感情を優先するという持つべきストレスがあるのです。
とは言え、その場、その場で相手感情を優先することは実際に難しい。どうしても自分の感情が優先してしまう。ついカッとなってしまったり、場の雰囲気に乗じてつい言い過ぎてしまった等々・・・自己感情で失敗した苦い経験は私自身恥ずかしながら一度や二度ではありません。だからこそ、日頃の訓練により、どういう状況であっても動じない自分を鍛えていく。覚悟有る自身の内面を構築することが、ある意味、セルフコントロールすることにつながります。勿論、善き先輩からのアドバイスや指導を自ら求めることも大切です。

繰り返しになりますが、現実のストレスはなくならない。あらためて、聞くことを基としてまいりたい。ストレスを乗り越えたぶんだけ、後になってその苦しみの意味が分かる。そして、感謝ができるのです。こうした実践の努力が原因となり、結果として、心から相談できる人と出会える、或いは自身がそういった存在になれる事実に繋がていくのではないでしょうか。

ともあれ、このコロナ禍で、何が正しいのかが見えにくい昨今ではあります。私たちはヒューマニズムをベースに人間的な温かさを一人でも多くの方々に送って参りたい。繋がっていきたいと、スタッフ一同、誓い願っております。

2020-11-24T14:57:16+09:002020-11-20|

覚悟を深める

非常時に問われる

新型コロナウイルスで亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被患された皆様に心よりお見舞い申し上げます。また、経済の落ち込みにより影響を受けられている経営者はじめスタッフの皆様には一日も早い回復を望んでおられることと思います。

皆様には決して負けないで欲しい、そう願ってやみません。

 

〝想定外〟…先の大震災や昨年の集中豪雨の際にニュースでこの言葉が聞かれました。思えば、あの時、思考が停止する程の大惨事が起き、私たちには恐怖と不安と絶望が渦巻きました。これから先、いったいどうなってしまうのか…と。そして今、新型コロナウィルスの問題を受け、観光、飲食はじめ多くの産業が厳しい状況にさらされております。

心にとどめおきたいことがあります。それは、私たちは何を想定して経営にあたるべきなのか。危機的状況に対する備えとしてリスクマネジメント、問題に直面した際の対処(クライシスマネジメント)など、所謂、危機管理が非常に重要だということは言うまでもありません。日常的に、具体的に備えることは大事です。必須です。

それらと共に、様々なアクシデントが起こった時、私たちトップリーダー自身の心持ちや経営のスタンスが問われるのではないかと考えます。一言でいうならば、それは「覚悟」です。

極論ではありますが、平時にあっても、会社がなくなってしまうような危機的な状況をも想定して経営にあたっているならば、何があっても動じない、力強い経営ができるのではないでしょうか。その根本となる我々自身の「覚悟」。人生においていえば「私は何がどうなろうとも、このために生き抜く」といった覚悟ある生き方のことです。最悪の事態にあって、覚悟を定めた人は強い。まさかこんなことにはならないだろうと思うことが起こるから、困ったり、迷ったり、あるいは心が折れたりするのではないか。つまり、最悪の事態にも動じない「覚悟」がトップリーダーに求められます。

しかし問題は、この「覚悟」が本物かどうか、それはアクシデントが起こったときに、はじめて分かる。例えば、何があってもやり抜くんだと覚悟を決め、決意していたはずが、いざ、予想もしない大事件が起こると、諦めの気持ちが起こる。つまりそれは、本物の覚悟ではなかったということ。そしてそれは、問題が起こらなければ、自分自身でも気がつかないことが多いのです。思わぬアクシデントや極めて厳しい状況に「覚悟」の真偽が浮き彫りにされます。

ここで大事なことは、覚悟が揺れ動く出来事がおこった時に、諦めないで、もう一度、覚悟をすることです。決意をしていたはずが、思わぬアクシデントを前に、瞬間的に決意が揺れ動くことは誰しもあります。しかしその後、改めて決意をする、その繰り返しが決意を強くするのです。

 

逆境で鍛えられる

先の震災の際に、あるクライアント社長が話していたことを思い出します。

「ここ数年は安定し、今後の展開も見え、次の手も打っていました。しかし、大地震により、売上も組織も全てが崩れてしまった。果たして何のために経営をしてきたのか。これから何を目指して経営したらいいのかと考えさせられた」と。そして「売上げを追求し身に着けてきた知識やノウハウも、大災害というアクシデントの前では、全く無力であった」と。

またあるクライアントでは「経済が止まってしまい、仕入も配達もできず、どんなに能力があっても、なんともしようがない状況でした。しかし、絶望のなか気づきがあった。もう一回借金をして会社を起こしたと思えばいいと原点に戻ることができた。それからとても気が楽になった。むしろ確信を深めることができた」と。

最悪の事態に直面し自分自身と向き合う。そうして、大事な気付きを見出す。何のための経営なのかと。逆境で気づき、再び決意をする。その気づきと決意が自らの内面を鍛えるのです。そして影響を受けたクライアントさんが共通して口にしたことは、「哲学を学んでいなかったならば、とっくに心が折れていた、あるいは、自分だけが助かる道を選んでいただろう」と。そしてまた「今、ぎりぎりのところでも頑張れるのは、哲学を学んできたからだ」と。これが、覚悟を定めた経営、哲学を軸にした経営、哲学根本にした生き様を常日頃から学ぶ偉大さの証であると確信しています。

平時に学び、非常時に問われ、逆境で鍛えられる。

今、私たちにできること、それは、この逆境のなかで改めて覚悟を深め、希望とヒューマニズムの哲学を学びつづけることです。そして、私たち一人ひとりの生き様に、しっかりと、この難しい状況下での戦いの痕跡をとどめ、未来への起点としてまいりましょう。

2020-04-01T11:32:16+09:002020-04-01|

諸問題と向き合う角度

環境の中心にいるのは自分

経営現場には資金繰り、売上、経費削減、スタッフ育成と様々あります。そして、それらの問題解決へと手を尽くすものの、なかなか思うようにならない。資金繰りに目途がついた矢先にスタッフが問題を起こし、売上が上がったかと思えば取引先との問題が出てきたりと、実に多くの問題に悩まされます。そして、一見、順調に見える企業であっても、トップリーダーの内面は苦悩の連続であることが多いように思います。

業績順調で会社規模も年々拡大させているあるトップリーダーが「後継者がいなくて悩んでいます」と。それに対して「血縁にこだわるから後継者がいないとなってしまうのではないでしょうか」と答えると彼は、「後継者たる人材がなかなか現れません」と。さらに私は「社長の思いを共有するスタッフみんなが後継者だと考えます」と答えました。それでも彼は、「そうはいってもなかなか育ちません」と言うので「育たないならば、育つまで自分がやっていくほかないと思います」と。

方策としては様々あることでしょう。けれども、色々と試みるも行き詰る事例を数多く見てきました。優秀な人材を他から連れてきたところで社内の信頼を得られなかったり、一人に焦点を絞って育成をしても過大なストレスのため、返って力を発揮できなくなったり、また、成長したかと思えば辞めてしまったりと。つまり、後継者の有無や成長に問題があるのでなく、トップリーダー自身の問題なのです。

申し上げたいことは、問題に悩む多くは、売上やスタッフ、取引先や経営環境等々、自分以外のところを問題にしているように思います。事々の問題意識は大事なことだとしても、身の回りの「環境を変える」には「自分を変える」ほかありません。今現在の環境の中心にいるのはまぎれもなく自分自身なのですから。

 

執着してしまう

なぜ、わたしたちは諸問題に苦悩してしまうのか。それは、後継のことで言えば、会社の存続に縛られ、血縁や財産等の継承に囚われ、自身が築いてきたものに執着してしまうからではないでしょうか。それならば、そうした執着から離れれば、後継者の問題は解決するのか。否、解決するかどうかは別にして、ここでも『後継者』に執着していると言えましょう。つまり、『後継者』から離れられないでいるのです。

わかりやすく言えば、『お客様の満足を追求した結果、利益は後からついてくる』とわかっていても、本当に利益が後からついてくるのかと、知らずしらずのうちに『利益』に囚われてしまうということ。望ましいのは、リーダーがよりリーダーらしい姿となれば自然と後継は育つものです。もちろん、後継者育成を考えないということではありません。日々の人材育成は大事にします。

結論を言えば、後継のことに限らず、すべてにおいて大事なことは、リーダーとしてのより正しい振る舞いを心がけ、お客様の満足を純粋に追求し、地域や業界になくてはならない存在を目指す経営にこだわっていくことではないでしょうか。ともすると、私たちは無意識にエゴイスティックな考え方に執着してしまうものです。経営者であれば尚のこと、売上や業績、会社の存続や発展、資金繰り等々、頭から離れることはないでしょう。

『執着』というものは実にやっかいです。けれども、執着をなくすことはできなくとも、何に執着しているのかと自身を見つめることはできます。売上なのかお客様なのか、会社発展なのかスタッフなのか、あるいは、企業存続のための地域なのか、地域のための企業なのかと。そしてその上で、私たちが意識できることは、執着してしまうこと以上に自身のあるべき姿、つまり、より謙虚な自分、感謝を発見できる自分、人間尊重の自分にこだわることだと思います。

今年は年頭から、暖冬やコロナウィルスの影響で経済界も大揺れに揺れています。嘆き節のひとつも言いたくなるのは、人として、経営者として素直な心情ではないでしょうか。でも、だからこそ、これまで学んできた哲学の実践が問われている、そう思っております。そのように自身に言い聞かせていると言っても過言ではないのですが、その実践が自己自身をより活き活きとさせ、結果的に、その姿が、環境や問題解決への確かな糸口になると信じています。

どこまでもリーダーのあるべき姿にこだわって参りましょう。

2020-03-03T16:10:31+09:002020-03-01|

出会いを引き寄せる

正直に生きる

日本では、古くから一月を睦月(むつき)とも呼ぶ。
その由来は、親類や知人が互いに往来し、仲睦まじくすることから“睦び月”となった説があります。
たしかに一月は、プライベートや仕事でも、人が集まる機会が多いのかもしれません。

今月開催される“新発式2020”においても、出会いを楽しみに参加する方もおられると思います。実際に、「新発式での出会いが起点になった」との声も。
誰もが良い出会いを望み、求めている。
しかし、出会いばかりは、計算尽くでは生まれません。
思うに、自分自身の『生き様』によって出会いは生じる。正論ではなく体験的な結論として、そのように思います。

(さらに…)

2020-02-06T18:02:04+09:002020-01-01|

一歩が踏み出せない時には

 

晴れた日は晴れを愛し、雨の日は雨を愛す

変化しつづける時代のなかで、将来の展望が見いだせずに迷い、失敗や失うことを恐れ、上手くいくかどうかと躊躇し、あるいは、今やっていることに対する信念が揺らいでしまう。『一歩が踏み出せない』という方は少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

一般的には、「理想や希望を持って」、「自分を信じて」、「逆境こそチャンス」、等々、気持ちを前向きにすることが大切だと言われています。しかし、現実には、状況が厳しければ厳しいほど、「理想なんて言っていられない」「夢なんて見る余裕もない」「失敗するわけにはいかない」というのが正直なところのように思います。また、なかなか思うようにならない現実を前に、どうしても妥協や諦めの気持ちが起きてくるものなのではないでしょうか。

(さらに…)

2020-01-09T17:59:59+09:002019-12-01|

【特別編】 人間の一念

この度の台風、大雨により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

お一人おひとりの一日も早い復興を祈って、今回の新・無限提言は、特別編として、1995年阪神淡路大震災の際、アンリミ哲学の創立者・鈴木昭二会長が語った指導内容をお送りします。

(さらに…)

2020-01-09T17:59:05+09:002019-11-01|

厳しい環境を勝ち越える ー環境に挑む1

 

今年の8月、全国各地でサマーコンベンションと題し、弊社クライアントの方たちがそれぞれの地域で集い、合同研修会を開催しました。その場でも最近のそれぞれの状況が話題になり、「景気が良い業界も有るが、我々地方のサービス業を取り巻く状況は苦しい」、「人手不足で経営環境はますます厳しくなっている」といった皆さんの声を聞きました。業界によって多少の違いはあるものの、私たちは同じように厳しい現実のなかにいます。同じ日本という国、同じ時代のなかで生きているのだから、この現実は誰もが認識しているでしょう。

ところが、この現実をどのように感じるか、どう捉えるかとなると、人によって様々です。その研修会で私はホワイトボードに、「人間は事実のなかに存在し、思いのなかに生きている」と書きました。そして、こんな話をしました。『同じ「事実」に直面している私たちですが、そこから受け取る「思い」は千差万別です。人間は「事実」のなかに存在していますが、それぞれの「思い」のなかに生きているのです』と。

(さらに…)

2019-11-26T14:47:47+09:002019-10-01|

企業の存在価値の追求 -盤石な経営基盤の確立4

先日、サービス業を営むある会社の社長とお会いする機会が有りました。その中で、

『会社が生き残っていくためには、何をどうすればよいのでしょうか?』と質問をいただきました。集客、人材の確保、育成、新たな事業展開、時代状況の変化への対応など様々な課題を抱える中での問いと感じました。

それに対し、生き残ることを考えるのではなく、お客様や地域から何が求められ、どういう企業が望まれているのか、所謂、存在価値を改めて確認してはどうですかとお話しをさせていただきました。

(さらに…)

2019-10-31T15:23:21+09:002019-09-01|
Go to Top