新・無限提言 ~希望の明日へ~

/新・無限提言 ~希望の明日へ~/

出会いを引き寄せる

正直に生きる

日本では、古くから一月を睦月(むつき)とも呼ぶ。
その由来は、親類や知人が互いに往来し、仲睦まじくすることから“睦び月”となった説があります。
たしかに一月は、プライベートや仕事でも、人が集まる機会が多いのかもしれません。

今月開催される“新発式2020”においても、出会いを楽しみに参加する方もおられると思います。実際に、「新発式での出会いが起点になった」との声も。
誰もが良い出会いを望み、求めている。
しかし、出会いばかりは、計算尽くでは生まれません。
思うに、自分自身の『生き様』によって出会いは生じる。正論ではなく体験的な結論として、そのように思います。

 

アンリミに出会う前は、生きることに無目的であり、いい加減な生き方でした。
そんな私を見かねた父が、ある会社を紹介する。
そこで面接をされた先輩が縁となり、アンリミと出会う。
確かにいい加減な生き方でした。でも、心の中では何かを求め、もがきながら生きていました。

数年前、輝かしい記録と記憶を残した元プロ野球選手が薬物事件を起こし、多くを失いました。
過去に執着するあまりか、選手生活の晩年の『生き様』が、悪しき出会いを引き寄せたのかもしれません。

昨年末、球団から解雇となった選手たちの再チャレンジの場を設ける「トライアウト」で、彼は監督という立場で久しぶりのユニフォーム姿で、選手たちにエールを送る姿がありました。もちろん再起は生易しいものではなく、これをもって立ち直ったなどと言うつもりはありません。

しかし、これを機に、彼が今後どのように生きるかによっては、良き出会いがあると思います。

 

つまり、出会いは、一人ひとりの『生き様』が引き寄せるもの。
だからこそ、良い出会いは、良い生き方によって引き寄せられるのではないかと考えます。

 

その良い生き方とは、正直に生きること。
人を騙すようなことはしない、裏切らない生き方です。
しかし、誰もが、逃げたい、誤魔化したい気持ちはある。
また、いざという時には保身に走ってしまう。
そこで、利他の心を持つことにより、自分を見つめ、反芻するなかで、正直な気持ちになれます。
利他の心の源泉は、正しい哲学を学び続けることだと思います。

 

善き友

現実は厳しい。
最近ニュースとなった郵便関連企業による問題は、“一人ひとりが持つ正直な気持ち”よりも売上げや契約実績を優先した結果に思えます。はじめは正直な気持ちを持っていても、どうしてもエゴイズムやしがらみに飲み込まれてしまう。

大事なことは、正直に生きることを求め続け、積み重ねることです。
しかし、その過程においては、様々な葛藤や寂しさが伴うのかもしれません。

 

私がアンリミ哲学を学び始めた頃、生き方を改めようと思えば思うほど、当時の友達とは話が合わなくなり、「お前、変わったな」と言われ、友達が知らず知らずに遠ざかってしまう。
そこで、弊社創立者へ「これは、なぜでしょうか?」と深刻に質問をしました。
すると、「本当に大変な時に助けてくれるのが友達だと思うよ」と。
また、「おまえの友達は何人いるんだ?」と聞かれる。
私は「〇〇人です」と答えると、「“本当の”友達は何人いるんだ?」と聞かれました。

それがあまりにも急所で、言葉も出ない。
しかし、なるほど、自身の生き方によって、人間空間の濃淡が生じるのかと。
私が感じていた寂しさの意味は、これなのかと思い知らされました。

 

正直に生きることで、最も難しいのは“自分”です。
相手との約束は果たそうとするが、自分に嘘をつくことがたくさんある。
一日のなかでも、プライベートや家庭でもある。
自分にする嘘をなくすことは難しいと思います。
しかし、その都度「あっ、またか!」と自分を見つめる見方があるうちは良い。
だからこそ、こうした見方を持ち続けるためにも善き友と交わり、自己自身を律する哲学を研鑽し続けてまいりたい。

2020-01-01|

一歩が踏み出せない時には

 

晴れた日は晴れを愛し、雨の日は雨を愛す

変化しつづける時代のなかで、将来の展望が見いだせずに迷い、失敗や失うことを恐れ、上手くいくかどうかと躊躇し、あるいは、今やっていることに対する信念が揺らいでしまう。『一歩が踏み出せない』という方は少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

一般的には、「理想や希望を持って」、「自分を信じて」、「逆境こそチャンス」、等々、気持ちを前向きにすることが大切だと言われています。しかし、現実には、状況が厳しければ厳しいほど、「理想なんて言っていられない」「夢なんて見る余裕もない」「失敗するわけにはいかない」というのが正直なところのように思います。また、なかなか思うようにならない現実を前に、どうしても妥協や諦めの気持ちが起きてくるものなのではないでしょうか。

(さらに…)

2019-12-01|

【特別編】 人間の一念

この度の台風、大雨により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

お一人おひとりの一日も早い復興を祈って、今回の新・無限提言は、特別編として、1995年阪神淡路大震災の際、アンリミ哲学の創立者・鈴木昭二会長が語った指導内容をお送りします。

(さらに…)

2019-11-01|

厳しい環境を勝ち越える ー環境に挑む1

 

今年の8月、全国各地でサマーコンベンションと題し、弊社クライアントの方たちがそれぞれの地域で集い、合同研修会を開催しました。その場でも最近のそれぞれの状況が話題になり、「景気が良い業界も有るが、我々地方のサービス業を取り巻く状況は苦しい」、「人手不足で経営環境はますます厳しくなっている」といった皆さんの声を聞きました。業界によって多少の違いはあるものの、私たちは同じように厳しい現実のなかにいます。同じ日本という国、同じ時代のなかで生きているのだから、この現実は誰もが認識しているでしょう。

ところが、この現実をどのように感じるか、どう捉えるかとなると、人によって様々です。その研修会で私はホワイトボードに、「人間は事実のなかに存在し、思いのなかに生きている」と書きました。そして、こんな話をしました。『同じ「事実」に直面している私たちですが、そこから受け取る「思い」は千差万別です。人間は「事実」のなかに存在していますが、それぞれの「思い」のなかに生きているのです』と。

(さらに…)

2019-10-01|

企業の存在価値の追求 -盤石な経営基盤の確立4

先日、サービス業を営むある会社の社長とお会いする機会が有りました。その中で、

『会社が生き残っていくためには、何をどうすればよいのでしょうか?』と質問をいただきました。集客、人材の確保、育成、新たな事業展開、時代状況の変化への対応など様々な課題を抱える中での問いと感じました。

それに対し、生き残ることを考えるのではなく、お客様や地域から何が求められ、どういう企業が望まれているのか、所謂、存在価値を改めて確認してはどうですかとお話しをさせていただきました。

(さらに…)

2019-09-01|

喜びの存在 ー組織の活性化3

よろこび

 

以前に、全社的テーマを「新たなる挑戦・『PRIDE』」と掲げて戦ったことがありました。このテーマにおける大事なポイントは、“喜び”の存在だと語り合ったことを今でも覚えています。

世の中は、確かに少子高齢化による人手不足の問題や、
そのことにより業界自体が停滞していることは実感として認めます。
しかし、人手不足や、厳しい業界であっても
喜々として頑張って働いている実態(そういう会社)も存在します。
“人手不足”や“厳しさ”が原因ではなく、“喜び”がないことが原因(本因)で
直面する現実に心を奪われてしまい、
将来を描けなくなってしまっているように思います。

忘れてはいけないのは、自分を含めた一人ひとりの内面にある喜びの存在ではないでしょうか。

(さらに…)

2019-08-01|

強固な組織をつくる ー組織の活性化2

 

 

「どうしたならば、強固な会社組織をつくることができるのでしょうか」

との質問を経営者の方々からお聞きすることが有ります。それに対し、逆にこうお聞きします。

「社長、なぜ強固な会社組織をつくりたいのですか?」と。

 

「強固な組織」というと、働き方の多様化、個性の尊重、自由で伸び伸びとした気風などとは、どこか相反するように聞こえるかもしれません。私たちは個々の特徴を重要視しない・自己犠牲をともなう組織を良しとする考えは毛頭ありません。が、良い仕事、結果をもたらす一因として、組織力の向上、活性化はとても大事な要素だと考えます。

少ないスタッフで戦っている中小企業にとって、時に互いが互いを助け合い補い合える強固な組織を作ることが、たいへん重要なテーマとなります。

(さらに…)

2019-07-01|

事業展開を考える -盤石な経営基盤の確立3

 

苦し紛れはいけない

最近、何社かのクライアントが新しい事業を展開されています。
『良かったですね』、『オープンが楽しみですね』と仲間からの祝福と励ましのエールが贈られる。みんな心から成功を願っている。一方で、笑顔でこたえるオーナーやトップリーダーの胸の内には、言うに云えない不安や悩みを常に抱えているのではないでしょうか。私自身も新規事業やリニューアルなどに関わるなかで、その大変さや難しさを痛感してきました。
また、『新たな事業展開を考えていますが、どうでしょうか』と、意見を求められる時がありますが、慎重にならざるを得ません。なぜならば、実際に、誰がやるのか、何処でやるのか、そして、どのような考え方を基に展開しようとしているかによって、すべてが変わってしまうからです。

(さらに…)

2019-06-01|

若手スタッフが辞めてしまう! -人を育てる4

 

 

元号が『平成』から『令和』へと変わりました。思えば、時代と共に人材教育の難しさも変化してきていると感じます。

この5月、世の中では10連休、大型連休だと賑わっていますが、飲食業などにとっては書き入れ時であると共に、アルバイトはじめスタッフの確保、モチベーションの維持が非常に難しい面があります。

ニュースでも取り上げられた外食チェーンやコンビニで起きた問題。アルバイトスタッフが意図的に問題行動を自ら動画投稿する。なかなか理解し難い行動ではないかと思います。

また実際に、あるクライアントの社長からあった話ですが、昨日まで元気に出勤していたスタッフが次の日から突然来なくなってしまった。理由を確かめると心身の問題だとのこと。そのような予兆は全く気付かなかったし、思い当たらない。全く理解できないと。社労士に相談するなど対応はしたものの 、必要最小限の人員で経営している中小企業にとって非常に大きな問題となります。

相手を理解することの難しさはこれまでもお話ししてきましたが、時代が移り変わる象徴的なこの時に、私たちに何が問われているのか、あらためて考えていきましょう。

(さらに…)

2019-05-01|

サブリーダーの育成  -人を育てる3

『人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり』

「人材」を登用し、「人材」の力を生かしていくことによって勝ち抜いた戦国の名将・武田信玄の言葉とされています。

個性豊かな武将達が活躍し、戦国最強といわれた武田軍。その中心にいた信玄の人に対する見方・考え方が表れた言葉として、冒頭の一文はたいへん有名です。私たち企業の浮沈も言うまでもなく『人』によるものと考えます。その中でも、大変大事な「サブリーダー」について今回は考えていきたいと思います。

アリミテッドの経営者セミナー

(さらに…)

2019-04-02|