新・無限提言 ~希望の明日へ~

/新・無限提言 ~希望の明日へ~/

【特別編】 人間の一念

この度の台風、大雨により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

お一人おひとりの一日も早い復興を祈って、今回の新・無限提言は、特別編として、1995年阪神淡路大震災の際、アンリミ哲学の創立者・鈴木昭二会長が語った指導内容をお送りします。

 

人間の一念

神戸の震災を目の当たりにして、自然の姿は巨大だと思った。宇宙のエネルギーの発現の一端として、すごいエネルギーだと思った。そういう自然のエネルギーは認めています。あるから。現実に。

でもね、問題はその次なんだ。東京も1923年に関東大震災がありました。戦争で空襲もありました。東京はそのたびに廃墟となりました。今の青年たちが知っている東京は、高層ビルが建ち並ぶ東京です。あれはね、廃墟の中から出来たんです。神戸もそうだといっているのです。

肉眼で見るとひどい状況が広がっている。何が原因で? 自然エネルギーが原因で。だけれども、人間の一念というのは、自然エネルギーよりも偉大なんです。あるいは巨大なんです。我々一人ひとり、あるいは、人間の一人ひとりが復興をめざそうという一念を失わない限り、過去にも増して偉大な神戸になるだろうと思っているんだ。貴方にはそうは思えないですか?

奥尻島の地震の時もそうでした。あの島民たちが復興のエネルギーを自分の内面から奪わない限り、何年かかるか分からないが、間違いなく言えるのは、以前よりも立派な町になるということ。神戸も同じだと思っているんです。

一切を破壊する巨大なエネルギーよりも、もっと偉大なエネルギーは、我々の一念というエネルギーなのです。そういうエネルギーを持っているんです。私たちは。

 

[現在の神戸市]

 

会社経営においても同じことが言える。自分の一念が変わったとき、一切が変わるんだ。

一般論として、歳を重ねるほど過去が良くなってくる。「昔は良かった。かつてはあんなに繁盛していた」と。自分も大したもんだった。あんなにもやってきたことがあったとなる。だが、本人が大事にしているであろう過去、あるいは歴史の全てが金色(こんじき)に輝くのか、廃墟となってしまうのかは、現在、どのような姿勢で生きているのかにかかっている。いい加減に生きている者は、栄光の過去が全部、残念なものへと変わってしまう。先輩方々が築いてきた輝かしい歴史さえも。結果とは、所詮、そういうものなんだろうと思います。我々の哲学は、永遠に原因づくり。永遠にこれからで、永遠に謙虚なんです。

いい加減な一念で大事な未来を失うことがないよう、私たち青年にとって、未来が大事であればあるほど、今が大事なんだ。今がいい加減なら、全部をいい加減にしてしまう。能力も立場も関係ない。一人立つ基本姿勢に立てたとき、結果の変革のスタートラインに着ける。ことはここから始まるんだ。こういう基本姿勢に立てない限り、全てが未解決の世界にさまようことになる。

我々の企業群像も、誰彼ということなく、お互いがお互いの基本姿勢を確認しながら、自らの基本姿勢のあるべき姿として、こういう角度に立てたらいいなぁ、と思っています。

少なくとも、志の次元においては立つべきではないですか。

2019-11-01|

厳しい環境を勝ち越える ー環境に挑む1

 

今年の8月、全国各地でサマーコンベンションと題し、弊社クライアントの方たちがそれぞれの地域で集い、合同研修会を開催しました。その場でも最近のそれぞれの状況が話題になり、「景気が良い業界も有るが、我々地方のサービス業を取り巻く状況は苦しい」、「人手不足で経営環境はますます厳しくなっている」といった皆さんの声を聞きました。業界によって多少の違いはあるものの、私たちは同じように厳しい現実のなかにいます。同じ日本という国、同じ時代のなかで生きているのだから、この現実は誰もが認識しているでしょう。

ところが、この現実をどのように感じるか、どう捉えるかとなると、人によって様々です。その研修会で私はホワイトボードに、「人間は事実のなかに存在し、思いのなかに生きている」と書きました。そして、こんな話をしました。『同じ「事実」に直面している私たちですが、そこから受け取る「思い」は千差万別です。人間は「事実」のなかに存在していますが、それぞれの「思い」のなかに生きているのです』と。

 

「思い」の強化

たとえば、厳しい状況に直面した時、経営者やリーダーたちはどのような「思い」を抱くでしょうか? きっと社風によっても、企業にいる人によってもそれは異なるはず。同じ会社のなかでさえ、「大変だ、赤字になってしまった。もう立ち直れないかもしれない」と思い込み、自分自身を見失って悲嘆に暮れる人がいるかもしれません。逆に、「確かに厳しいけれど、次の企画を成功させて、必ず乗り切れるぞ」と思い、状況を冷静に、そして的確に判断しながら元気を振り絞る人もいるでしょう。

このように、私たちは同じ「事実」のなかに存在していますが、色々な「思い」のなかに生きているのです。あなたはどちらですか? もし、前者のようなタイプの人は、後者のように前向きな思いを持つことを目指してほしいと思います。なぜなら、企業や社風というものは、一人ひとりの「思い」が集まって醸成(じょうせい)されていくからです。

「事実」はどのようなものであっても、「もう立ち直れない」ではなく「必ずよくなる」という「思い」を一人ひとりのスタッフが持っている企業、それが強い企業となるのです。

 

「思う」力には無限の可能性がある

視点を変えて「事実」と「思い」について考えてみましょう。

*「事実」……質と量でいえば「量」。誰にでも分かり、客観的に確認できること。

*「思い」……質と量でいえば「質」。目には見えないが、主観的に感じられること。

 

このように分類してみると、「事実」は多くの人が共通認識を持てますが、「思い」は人それぞれ捉え方に違いがあることが分かるでしょう。売上高や利益率といった数値の「事実」は同じように共有することが簡単ですが、もっと規模を拡大したい、もっとお客様に喜んでいただきたい、といった「思い」はリーダーによっても、スタッフによっても様々です。「事実」(量)だけを追求するあまり、「思い」(質)が低下してしまうという事例が多いなか、皆さんには「思い」(質)を大切にして、「思い」の共有をしながら、結果として「事実」(量)が増える、という成長パターンを歩んでほしいのです。たとえば、お客様の満足をという「思い」の強化が、売上や利益増という結果(事実)をつくりだすのです。

厳しい「事実」のなかにあっても、苦しいとか、もうダメだといったマイナスの「思い」に縛られないことです。必ず回復できるとか、もう大丈夫というプラスの「思い」を抱いてください。

私たちの「思う」力は無限の可能性を秘めています。たとえ周囲が壁で閉ざされてしまっているような「事実」に直面している人でさえも、「思い」はその現実を離れて自由に飛翔できるのです。

 

この度の台風15号によって被災された地域の皆様にお見舞いを申し上げると共に、一日も早い復旧を心より祈っております。

 

参考テキスト

『経営の人間学』

P9 「原因のない結果は有りません」より・・・「結果」

 

『創立者鈴木昭二』

P119 「思い」

P124 「大震災」

2019-10-01|

企業の存在価値の追求 -盤石な経営基盤の確立4

先日、サービス業を営むある会社の社長とお会いする機会が有りました。その中で、

『会社が生き残っていくためには、何をどうすればよいのでしょうか?』と質問をいただきました。集客、人材の確保、育成、新たな事業展開、時代状況の変化への対応など様々な課題を抱える中での問いと感じました。

それに対し、生き残ることを考えるのではなく、お客様や地域から何が求められ、どういう企業が望まれているのか、所謂、存在価値を改めて確認してはどうですかとお話しをさせていただきました。

(さらに…)

2019-09-01|

喜びの存在 ー組織の活性化3

よろこび

 

以前に、全社的テーマを「新たなる挑戦・『PRIDE』」と掲げて戦ったことがありました。このテーマにおける大事なポイントは、“喜び”の存在だと語り合ったことを今でも覚えています。

世の中は、確かに少子高齢化による人手不足の問題や、
そのことにより業界自体が停滞していることは実感として認めます。
しかし、人手不足や、厳しい業界であっても
喜々として頑張って働いている実態(そういう会社)も存在します。
“人手不足”や“厳しさ”が原因ではなく、“喜び”がないことが原因(本因)で
直面する現実に心を奪われてしまい、
将来を描けなくなってしまっているように思います。

忘れてはいけないのは、自分を含めた一人ひとりの内面にある喜びの存在ではないでしょうか。

(さらに…)

2019-08-01|

強固な組織をつくる ー組織の活性化2

 

 

「どうしたならば、強固な会社組織をつくることができるのでしょうか」

との質問を経営者の方々からお聞きすることが有ります。それに対し、逆にこうお聞きします。

「社長、なぜ強固な会社組織をつくりたいのですか?」と。

 

「強固な組織」というと、働き方の多様化、個性の尊重、自由で伸び伸びとした気風などとは、どこか相反するように聞こえるかもしれません。私たちは個々の特徴を重要視しない・自己犠牲をともなう組織を良しとする考えは毛頭ありません。が、良い仕事、結果をもたらす一因として、組織力の向上、活性化はとても大事な要素だと考えます。

少ないスタッフで戦っている中小企業にとって、時に互いが互いを助け合い補い合える強固な組織を作ることが、たいへん重要なテーマとなります。

(さらに…)

2019-07-01|

事業展開を考える -盤石な経営基盤の確立3

 

苦し紛れはいけない

最近、何社かのクライアントが新しい事業を展開されています。
『良かったですね』、『オープンが楽しみですね』と仲間からの祝福と励ましのエールが贈られる。みんな心から成功を願っている。一方で、笑顔でこたえるオーナーやトップリーダーの胸の内には、言うに云えない不安や悩みを常に抱えているのではないでしょうか。私自身も新規事業やリニューアルなどに関わるなかで、その大変さや難しさを痛感してきました。
また、『新たな事業展開を考えていますが、どうでしょうか』と、意見を求められる時がありますが、慎重にならざるを得ません。なぜならば、実際に、誰がやるのか、何処でやるのか、そして、どのような考え方を基に展開しようとしているかによって、すべてが変わってしまうからです。

(さらに…)

2019-06-01|

若手スタッフが辞めてしまう! -人を育てる4

 

 

元号が『平成』から『令和』へと変わりました。思えば、時代と共に人材教育の難しさも変化してきていると感じます。

この5月、世の中では10連休、大型連休だと賑わっていますが、飲食業などにとっては書き入れ時であると共に、アルバイトはじめスタッフの確保、モチベーションの維持が非常に難しい面があります。

ニュースでも取り上げられた外食チェーンやコンビニで起きた問題。アルバイトスタッフが意図的に問題行動を自ら動画投稿する。なかなか理解し難い行動ではないかと思います。

また実際に、あるクライアントの社長からあった話ですが、昨日まで元気に出勤していたスタッフが次の日から突然来なくなってしまった。理由を確かめると心身の問題だとのこと。そのような予兆は全く気付かなかったし、思い当たらない。全く理解できないと。社労士に相談するなど対応はしたものの 、必要最小限の人員で経営している中小企業にとって非常に大きな問題となります。

相手を理解することの難しさはこれまでもお話ししてきましたが、時代が移り変わる象徴的なこの時に、私たちに何が問われているのか、あらためて考えていきましょう。

(さらに…)

2019-05-01|

サブリーダーの育成  -人を育てる3

『人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり』

「人材」を登用し、「人材」の力を生かしていくことによって勝ち抜いた戦国の名将・武田信玄の言葉とされています。

個性豊かな武将達が活躍し、戦国最強といわれた武田軍。その中心にいた信玄の人に対する見方・考え方が表れた言葉として、冒頭の一文はたいへん有名です。私たち企業の浮沈も言うまでもなく『人』によるものと考えます。その中でも、大変大事な「サブリーダー」について今回は考えていきたいと思います。

アリミテッドの経営者セミナー

(さらに…)

2019-04-02|

人を大事にすることとは  -人を育てる2

 

「アンリミさんから度々言われて、スタッフやその家族も含め人を大事にする大切さは感じていますが、具体的にはどういうことなのか、ボンヤリとしています」と、先日ある合同勉強会で質問を受けました。

今回は、人を大事にすることとはどういうことなのか?とのポイントで学んでいきたいと思います。

(さらに…)

2019-03-01|

アンリミテッドはどんな会社なのか?

(2019ニューイヤーコンベンション 主催者挨拶より抜粋)

 

昨年末の12月に、あるクライアントの社長との懇談の折に、あらためてこんな質問をされました。

「ところで米原さん・・アンリミテッドクリエーションは何の会社なの?何を売ってるの?」と。

なかなか一言で申し上げるのが難しい会社なのですが・・本日、初めてご参加頂いている社長・幹部の方々もいらっしゃいますので、その時のやり取りを申し上げますと・・「アンリミテッドクリエーションとはどんな会社なの?」答えて曰く「会社を良くする会社です」。

(さらに…)

2019-02-01|